日記・コラム・つぶやき

2011年4月 2日 (土)

帰国して1ヶ月・・・・・

 ご無沙汰しております。3月2日に帰国してから久しぶりのエントリーとなります。




 帰国直後TwitterやSNSなどではチョコチョコ書いていたのですが、帰国してから耳の奥がずーっと痛かったり(UKからの帰国前2週間くらい前から痛かった)、疲れもあったりした上に今度の東日本大震災。。。。。。。。(ρ_;)。






 その後みんながこのやり場のない怒り(原発の問題などは人災という面もあるけどそれ以外は基本的には自然災害であることを忘れてはなりません)をなんとかしようと戦犯探し、犯人探しに躍起になってみんな目を吊り上げて一億総ヒステリー状態になってちょっと変なこと、ユニークな意見を書くだけでネット上が大混乱。

 下手なこと書くといつ炎上するかわからないという状況に個人的には慄いておりました。





 「西日本の人間は地震の影響がないから。。。。。。。どうのこうの(-ε-)」
 「安易にリツィート(RT)すんじゃねぇ(`ε´)。デマが拡散しかねないし、何も考えずRTボタンを押すのは野次馬と同じだろ(#゚Д゚)y-~~」





 →そんなこと言ったら西日本在住の人間は何もかけましぇん。。。。。。・゚・(ノД`)・゚・。
 →元発言が140字のリミットいっぱいの場合は自分の見解をプラスするスペースがないし、事実やニュースというよりもツィートするの人の意見に私が激しく同意(。_。(゚д゚(。_。(゚д゚ )ウンウンという場合はRTするほうがいいケースもあるでしょ(?_?)



 極めつけは某SNSで「少しでも笑えるネタを」と思って2ちゃんのまとめサイトで原子力保安院の記者会見に出ている広報の人ヅラ疑惑を扱ったネタを書いたら、とあるマイミクさんから「不愉快凸(`Д´メ)」と言われて一切自分の弁明を聞くこともなくいきなりマイミク解除&アクセスブロックという処置を食らってしまいました。Nifty-Serveのパソコン通信時代から長い付き合いだったのに。。。。。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

 しばらく心が折れてしまいました・・・・・・・・・。゚(PД`q。)゚。

 その後UKから持って帰ったPCが壊れていて修理に出したりしたのもあって、みんなが冷静になるまでネットは覗いていたものの書き込みをセーブする処置を講じておりましたが、東日本大震災から3週間。比較的ネット上の混乱も収束の兆しが完全とは言えないが窺えはじめました。また帰国してからちょうど1ヶ月なのでそろそろこのブログを復活しようという気持ちになり、いまこうやって書いている次第です。


 更新の頻度は落ちるかもしれませんが、日本に戻ってからもこの自分の意見や見解、つぶやきを書く場所としてがんばっていこうと思います。

 ご理解を賜りますと共に長い間更新を怠って申し訳ありませんでした>ブログ読者各位

Photo  

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

新年のご挨拶

Imgp1335_for_my_blog

明けましておめでとうございます

 

昨年中はお世話になりました。

 

このブログも2007年から4年目に突入しようとしています。

今年の目標は、

 

 

 

 

 

 

突然失踪してブログ更新を怠らないようにする()

 

 

 

 

 

 

 

 

でしょうか(^◇^)。

 今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>>ブログ読者各位。

Photo_3

 

P.S.写真は現在更新中のイタリア・スペイン旅行記から。フィレンツェの暮れなずむ街並みが美しいです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年4月 7日 (水)

NHKスペシャル「無縁社会」

 1月に放映されてネット上でプチ「祭り」となった衝撃的なNHKスペシャル「無縁社会」















 「将来の俺だな┐(´-`)┌」とひとりごちってしまひました(苦笑)













 もっとも、UKで死ぬと火葬ではなく土葬だけど(~_~)

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 1日 (木)

重大発表

 さて、ブログをお読みいただいている読者の方々にご報告。

 このたび、私は










 UEFA(欧州サッカー連盟)の日本市場マーケティング担当











として採用されることになりました。私にとっては身に余りすぎるほどの光栄です。粉骨砕身がんばりたいと意気込んでおります。




 いままでこのブログをお読みいただいた方にはご支援・ご鞭撻頂き誠にありがとうございました。これからもご愛顧よろしくお願いいたします。


















 ああ、こんなことを書いているとむなしくなってしまった(´Д⊂グスン

Photo

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

犯人逮捕

 このブログでも2009年1月17日に取り上げた自分の出身大学でもある中央大学の理工学部教授高窪統教授を刺殺した事件の犯人が逮捕されました。

 捕まえてみるとやはりこの高窪教授の教え子。なんとなくそんな感じはしていたのだが、いざ逮捕されると学部は違えどOBとしてはやはり嫌なもので、「何も就職がうまくいかなかったからって研究室の教授を殺すこともなかろうに・・・・・(ρ_;)」という気がしてしょうがない。

 この事件は殺人被告事件ですから、裁判員が担当する事件となります。奇しくも裁判員制度が始まったこの時期に、選ばれた裁判員さん達は大変でしょう。どういう判断をするのか全くわかりませんが、裁く側も裁かれる側も大きな十字架を背負うことだけは間違いないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

変な夢

 今朝、とても変な夢を見た。それは。。。。。


自分が日本代表のGKとなって試合に出場する夢( ^ω^ )



 だった(笑)。でもなぜかユニフォームがみんなバラバラで自分は部屋着のような縦縞のハーフパンツというかバミューダパンツ^^;。さらに足元はナースサンダルのようなサンダル^^;。よく考えるとこんなんでサッカーできるわけないのだが(´,_ゝ`)、それでもピッチに立つためになんだか気分は戦闘状態モード。

 なのになぜか控え室ではみんな試合前にうつぶせで寝ていて(笑)、起きた人間からグラウンドに向かうという意味不明なシステム^^;。さらに自分のとなりで寝ているのが中田英寿(爆)。

 んで、起きてグラウンドに向かい、ピッチに入ろうとした瞬間に笛がなって試合開始。「やべえ!!(゚ロ゚屮)屮」と思ってポジションのゴール前に行こうと走るのだが、2分3分走ってもゴール前に到着しない(どんなスタジアムだよ(^-^;)。その走っている間に2ゴール決められてしまう(笑)。

 失意のまま、目が覚めてしまった。。。。。。。(;д;)





 終わっているな(´Д`;≡;´Д`)アワアワ>ワシ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月16日 (木)

をいをい

 先日とあるポータルサイトのトップのニュース項目に以下のような見出しがあった。

Photo

 問題の赤線部分を読んで、自分は

Photo_2

 「あれ、日本に上陸するの?リバプールって日本で試合するのかなぁ?でも1人しかいないでしょ?>ジェラードくん(´ρ`)」と思っていた。



 「おかしいなぁ(・・?」目を擦ってよく読んでみると、ジェラードではなくて








 ジェラー












 だった┐(´д`)┌ヤレヤレ・・・・・・・・・。アイスでも食べて頭冷やせって事か^^;



 すみません、逝ってきます(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

ご冥福をお祈りします

 東京文京区にある中央大学理工学部後楽園キャンパスにおいて高窪統中央大学理工学部教授が何者かに刺殺されたことは、みなさんマスメディア等の報道等によってご存知かと思うが、一応まがりなりにも(苦笑)中央大学を卒業したOBとしてお悔やみ申し上げたいと思います

 この高窪教授、自分と全く関係ないかといえばそうでもない。何度か書いたとおり自分は中央大学法学部の出身で、すでに亡くなられた故木内宣彦教授のゼミに所属していた。この木内先生、中大法学部の中でも有名な商法の高窪利一教授の一番弟子で、その高窪先生のお子さんがこの亡くなられた高窪統教授。

 思えば、木内教授が亡くなられたのが自分の大学卒業した翌年度の1988年、45歳の若さで夭折された。この高窪統教授が刺殺され、亡くなられたのが同じ45歳の若さ。奇妙にも一致する。

 同い年の自分としては、病気で亡くなられた木内先生といい、不運にも殺されてしまった高窪教授といい、45歳の若さで自分の意図に反して不幸にも亡くなることはさぞ無念だったに違いない。その悔しさは、想像を絶するに余りある。

 天国で安らかに眠ってください。心からご冥福をお祈りします。>高窪教授、そして木内先生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

フジテレビ'HERO'を見ながら

 日本時間で1月2日の昼間に放送された木村拓哉主演のフジテレビドラマ'HERO'を見てしまった。UK時間だと深夜から早朝で結構厳しい時間帯なのだが、なぜだかその夜は初夢が気になったのか(笑)、寝付けられず、パソコンに灯を入れてついつい見てしまった。

 ウィキペディアによると、この番組は2001年に放送されたかなり人気の高い番組だったそうであるが、自分はあまりこのころ作り物のドラマに興味がなくて見た記憶が一切ない。しかし、こうやって見ているとどうしても思ってしまう。

「ああ、俺も検事になりたかったんだよなぁ。。。。。」

 と。引かれ者の小唄かもしれないけれど、法曹を目指して司法の世界を志していた自分にとってこのドラマを今視聴することは少々荷が重すぎた。自分は当初「切った」「張った」の刑事事件の方が興味深かったし、地味ではあるけれど検事の世界の方が面白く感じて合格したら任官しようと思っていた。
 それが合格という結果を残せないことが続き、最後の方はそんなことも忘れてともかく受かりたいという気持ちしか残らないまま断念したけれど、このドラマを見てまたあの時の気持ちを思い出した。

「ああ、俺も検事になりたかったんだよなぁ。。。。。」

 と。そりゃ確かに実際の刑事事件の捜査というのはあんなに華やかではないし、松たか子のような綺麗な検察事務官はいない(笑)。
 自分の卒業した中央大学法学部の同期の人間が司法試験合格後の検察修習(合格後の公費によるインターンみたいなもの。実際の検察庁に配属されて事件を指導教官の下に取り扱う)を受けている際に遊びに行って、彼のアパートの部屋でこっそり実際の事件の一件書類(起訴状や弁解録取書、被疑者の取調調書、鑑定書など)を見せてもらったが、ちょっとした詐欺・横領被疑事件ですら相当の書類の束なのだから、実際の検事は捜査を担当するようなヒマはないのだろうけど、それでも木村拓哉が演ずるの久利生公平検事役は自分にとっては眩しく見えた。

 あれから相当の年数が経つが、大学時代の同期が検事や弁護士になって成功している例を聞く。また現在通っているFootball Industries MBAの同期のコースメイトは卒業してすぐUKや欧州のクラブや世界的なスポーツメーカーに就職して活躍しているそうだ。

 でも一番悲しいのは活躍するのはいつも「同期」であって、「自分」ではないこと。
 それが最も情けなくて、最も悔しく、最ももどかしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

卒業式なんですけど。。。。。

 自分には関係ないので(苦笑)、今日はふてくされ更新(-゛-メ)

 先手観音 

「これくらい手がいっぱいあっていろんなことが一度にうまくできればいいのになぁ(´ρ`)」と思ったのは言うまでもありません(;ω;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)