« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月30日 (日)

拝啓 アルベルト・ザッケローニ日本代表監督

 ほんのちょっとでいいですから、











 その「持っている」勝運、私の就活のために分けてくれませんかね( ̄ー ̄)ニヤリ








 それと、









 金積まれて中東のオイルマネーの国の監督に引っこ抜かれないで下さいね( ̄ー+ ̄)










 祝!アジア戴冠!ヽ(^。^)ノ┗(^o^)┛Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

ドイツの進んだスポーツ医学に期待

 頭を抱えるドルトムント指揮官「香川骨折は最悪なニュースだ

 

 新聞報道でもいろいろ触れられている日本代表の攻撃を本田と共にリードする香川真司選手。今シーズンドイツ・ブンデスリーガの前半戦MVPで現在首位を走るボルシア・ドルトムントの攻撃の核弾頭でもあった。

 それがこのありさま。。。。。ボルシア・ドルトムント監督のユルゲン・クロップも定例の記者会見で沈痛な面持ちでこの香川の怪我のことを話していた。

 でも、個人的にはドイツのスポーツ医学はかなり進んでいる。現在清水エスパルスにいる小野も怪我を治すためドイツで膝にメスを入れたし、スポーツ医学関連のことを学ぶためドイツに留学している日本人も多い。

 多分ドルトムントのメディカルチーム&フィジコは上半身も含め休場中の筋力を落とさないトレーニングをすると共に早く骨がくっつくようカルシウム剤の投与を含め、ありとあらゆる治療を施すはず。






 個人的な願望も含めて意外と早く治るのではないかという予感(;´Д`A ```






 いや、そうあってほしい・・・・・・・・
(´;ω;`)ウウ・・・

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

他のアジアのサッカーファンはどう見ていたか?

 韓国代表にPK戦の上激闘を制した日本代表ですが、どうしても日本の報道となると何も考えず「日本マンセー\(^o^)/」になってしまうので、ここはちょっと視点を変えて日韓以外のアジアのサッカーファンは、日本代表を、そしてこの試合をどう見ていたか、前にもご紹介したFacebookAsian Cupのグループの記述からいくらか拾ってみたいと思います。

 

オーストリアのファンはこういう見方をしています。

That was one of the best games of football I have seen in a very long time; a terrific advertisement for Asian football

(長い間サッカーの試合を見てきた中でベストゲームの1つ。これはアジアサッカーの最高の宣伝材料)

 

香港人のサポーターはこう発言しています。

feels like barcelona vs MAN UTD HAHAHAHA....amazing game in asia

(ははは()バルセロナ対マンチェスターユナイテッドの試合みたいに感じる。アジアサッカーの面白い試合だった)

 

 ウズベキスタン人のサポーターは・・・・・・・

The most interesting match in this championship. I have really enjoyed it. But the penalty which made the score 2:1 was unfair. I think, the referee has a poor sight. Anyway, cograts to Japan

(この大会でもっとも興味深い試合。本当に楽しめました。でも2-1となったPKはちょっと不公平と思う。レフェリーよく見てない。ともかく日本おめでとう)

 

 

 とまぁ、この試合は日韓の当事者でない国のサッカーファンにとってもお腹いっぱいになるくらい内容の濃い試合だったみたいですね。

 

 でも自分が一番気になったのはこういう人がこのサイトにカキコしてサッカー見ているということ()

 

 

 

 ぜひともアジアのサッカーについて二人で一晩くらい熱く語りたいです(爆)

(結局オチはそこか( ^ω^ )

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月24日 (月)

あるといいなぁ。。。。。。

 UKのテレビで流れているCM。'Thinkbox'というテレビコマーシャルのマーケティングに関するリサーチ団体が昨年の9月から流している。




 これが最高に笑える(*^-^)。










 ウチにもあるといいなぁ。。。。。。。( ̄▽ ̄)>この犬

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

Asian Cup in the Facebook

 カタールの地で熱戦が繰り広げられているアジアカップ。

 世界的に有名なSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の1つ、FacebookでもAFC(アジアサッカー連盟)が設定したアジアカップのグループがあり、各国のサポーターがいろいろ書き込んでいる。

 んで、昨日逆転勝ちを開催国カタール相手に収めた日本代表だが、そのことについて各国サポーターがカキコしている中に笑えるものが( ´艸`)プププ





'Good bye   BEN HAMMAM  , you can not buy the cup'
(さようなら、ベン・ハマム<筆者注:
AFC会長でカタール人>、優勝カップは金で買えないぞ!)







 おいおいおいおい。。。。。。(´,_ゝ`)







 カキコしているのはイラン人サポ。同じ中東でもオイルマネーにモノを言わせて豊かな国のカタールやサウジと違い、石油があまり出ないイランやイエメン、ヨルダンなど「持たざる国」の中東の人にとってみれば、カタールは「嫌な国」なんだろうな。。。。

(余談だが、こういう国の人達は豊かな中東の隣国に出稼ぎに行くことが多い)






 極めつけはこれ。同じイラン人サポのカキコ(*^m^)




Japan 3-2 OIL









(*^ー゚)bグッジョブ!!
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

MONEY

 先日知り合いのUK人から、こんなパワーポイントファイルを貰った。












 'MONEY'














 うーむ、意味深だ(笑)。










 そして考えさせられた(´・ω・`)ショボーン
Photo

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

不審な影^^;

 先日、深夜家の戸締りを確認していると玄関前の門の扉に不審な影。。。。。。








 「むむむ・・・・何だ(゚Д゚)ハァ?」








 と思ってその影を見ていると・・・・・・・・







 キツネだった(爆)










 以前にも述べたが、この周りではリスも出る。










 リバプールは自然豊かだ( ^ω^ )
Photo  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

祈りの対象-シリア戦に思う

 久々にサッカーネタ。現在カタールで行われているアジアカップだが、ご存知の通り、日本代表はシリアに2-1と退場者を出して10人となりながらもやっとこさ勝った。

 「長谷部が気の抜けたバックパスするからだ」「いや審判が酷い」「川島もサイドに蹴り出せばよかったのに」というような議論をするつもりは毛頭ない(笑)。自分が一番印象に残ったのはこのシーン。





シリアの控え選手がベンチの前で泣きそうな顔をして祈っているのだ。

 






 4分40秒頃と5分5秒頃のマジで祈るシリア代表の控え選手の泣きそうになるくらいの真剣な顔。





 彼の気持ちがよくわかるような気がした。





 昔の日本代表は今ほどアジアカップで優勝候補としてあげられるほど強いというわけでもなかった。それがここ15年くらいからJリーグの発足と共に国際舞台で経験を積み強くなったが、かつては日本代表がアジアのトップクラス(イランやサウジアラビアなど)と試合をしていた時、日本代表がこのようなチャンスをアジアのトップクラスのチーム相手に得た場合には自分も祈るような気持ちでテレビの画面を見つめていたのを鮮明に覚えている。





 あれから15年。






日本代表はアジアで相手から真剣にチャンスで祈るようになるくらいの力をつけたことを本当に誇りに思う。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月14日 (金)

暖かい

 11月、12月と歴史上最も寒い冬を迎えたUK。

 先月は酷い時だと家の中トイレの水が凍るぐらいの寒さであった。これで4度目のUKでの冬を迎えるが(長いな(笑))その中で最も寒い冬と言っても過言ではないくらい寒かった。布団を1枚多めにかけないと就寝時は震えそうだし、時にはあまりの寒さで起きたことすらある。

 ところが、この1月第3週、





 なんだか異常に暖かいのだ( ̄▽ ̄)




 いつもだとリバプールの冬は気温10℃以下のことが多く、この寒い冬だと氷点下で2桁にまで届きそうな時期もあったのだが、ここの所10℃を最高気温で越すこともあり、今までの凄まじいばかりの大寒波に遭遇してきた自分としてはなんだか拍子抜けなのだ。




 うーむ、またあの大寒波が来なければいいが・・・・・・(;;;´Д`)ゝ
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月12日 (水)

蒼い空-イタリア・スペイン旅行記(10・終)

Imgp1303 Imgp1324 Imgp1395 Imgp1635 Imgp1718

 今回の旅行で一番よかったのは「天候に恵まれたこと」-これに尽きると思う。

 最初のイタリア・ピサで夕立ちにあったこととフィレンツェでにわか雨に遭ったこと以外はほぼ晴れ。いつも頭の上には蒼い空があった。

 どうしてもUKに住んでいると灰色の空が続く下で生活を続けることが多い。スコーンと抜けるような青空が続くことはあまりなく、1時間後に土砂降りなんてことがあるのはこのブログでもいい加減食傷気味になるほど、ネタにしてきた(笑)。

 そんな空の下にいると、どうしても自分の現在の境遇と相まって気分がどよーんとしてくる(;ω;)。


 でもイタリア・スペインはいつも青空。どこまでも蒼い空が続き、「本当に来てよかった」と思うことがしばしばであった。特にミラノから列車で1時間のコモ湖は青空で気温もちょううどよく、空の青さと湖面の青さが共存して、なんとも言えないいい気分になった。






 「未だ決まらない就職も、この『蒼い空』のように見通しがつけばいいのにな」



 心の底から、そう思った。

  さて、これにてイタリア・スペイン旅行記は終わりです。お読み頂き誠にありがとうございました>ブログ読者各位Photo  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月10日 (月)

美しい-イタリア・スペイン旅行記(9)

Imgp1439 Imgp1538 Imgp1620 Imgp1678 Imgp1685


 スペイン・アンダルシア地方の路地裏の写真から。


 スペインの街はなぜか他の欧州の国に比べて思わず写真を取りたくなるような美しい路地裏が多い。よくわからないが、とにかく絵になる路地裏が多いのだ。

 UKでも路地裏はあるのはあるが、残念ならがここまで美しくはない。

 思うに白っぽい壁、他の欧州の街並みとは異なるアラブ、アジアの香りがする窓やドアの装飾などがそういう雰囲気をかもし出すのかもしれない。さらに車が入れない狭さなどもあるのだろう。



 こういう街並みがいつまでも続いて欲しいと、心の底から思った。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 8日 (土)

こんなに違う-イタリア・スペイン旅行記(8)

Imgp1228 Imgp1719


 世界的なジャンクフードの権化、マクドナルド。

 イタリア・スペインでも御多分に漏れずありました┐(´-`)┌。

 さて、どちらがイタリアで、どちらがスペインでしょう?







 答えは左がイタリア(ピサ)で右がスペイン(ロンダ)です。

 イタリアのほうはどうみても「え、ホントにこれマック!!(゚ロ゚屮)屮?」って感じですが、逆にスペインの方は「うーむ、赤の原色を使っていかにもマック(^_^)v」という感じ。




 両国(両都市)の街の景観に対する考え方の違いが浮き彫りにされていて興味深いです・・・・・・|゚з゚)
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 6日 (木)

失敗・・・・-イタリア・スペイン旅行記(7)

 グラナダの宿はBooking.comというネットのホテルレップの会社から取った。

 無論就活中(=無職(笑))の為、宿は「安いこと」が第一優先であり、多少の短所や欠点は目をつぶらざるを得ない(^◇^)。グラナダの宿も市の中心部からはちょっと離れるが、目的地のアルハンブラ宮殿にはそこそこ近いし、まぁいいかと思って目星をつけた1泊30ユーロの宿をぽちっとクリックした。

 ところが、実際行ってみるとこれがかなり遠い。実際路線バスで移動したら20分近くかかり、アルハンブラ宮殿も直行の路線バスはあるが30分に1本という頻度で使いづらい。回りには商店やスーパーも何もないし、「こら大失敗だったなぁ(´・ω・`)ショボーン」とひとりごちることしばしば。

 トドメは, 部屋の窓を開けると飛び込んできたこの光景。

Imgp1429

Imgp1428

 

 ロゴを見ていただければわかるが、





 某日本の旅行会社のツアーバス・・・・・・・┐(´-`)┌






 自分のホテルのすぐ近くに五つ星のホテルがあって、どうやらそこにツアー客が泊まっている模様。んで自分の部屋は道を隔ててそのホテルの駐車場の前なのだ。





 つまり、自分の取ったホテルは





 ツアーで使うような郊外のホテルの典型的立地=不便






 だったのだ(||li`ω゚∞)。2つ星と5つ星の違いはあれ。。。。。。






 自分がえらく負け組になったような気がした(笑)
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 4日 (火)

ロンダでの僥倖-イタリア・スペイン旅行記(6)

 

「しまった。。。。。。(;ω;)」




 と、ロンダのバスターミナルでひとりごちる┐(´-`)┌自分。



 マラガにホテルを取って連泊し、「白い村」で有名なロンダへ日帰り観光へ来ていた。

   帰りは15:00、16:00、17:00、18:00、19:45(最終バス)とほぼ1時間おきにマラガ行きバスがある。自分は「最終バスまではちょっとキツイから、18:00のバスで帰ろう」と考えて17:00のバスを見送った。

 ところが、ところがだ。




 時刻表の見間違いで日曜日のみ運行だった(ρ_;)>18:00のバス




 「しまったなぁ・・・・あらかた見るべきものは見たし、写真も撮ってしまったし」とちょっと時間を持て余して近くのネットカフェでメールをチェックして時間をつぶすが、まだそれでも時間がある。

 「しょうがない。また街中をぶらぶらするか・・・・」と思って展望台に行ったところに、僥倖は待ち受けていた。


Imgp1722

Imgp1725



美しく沈む夕陽


そしてその夕陽を受けてオレンジ色に染まるヌエボ橋(新しい橋)





 17:00のバスに乗っていたらこの美しい光景は見ることができなかったに違いない。




 思わず旅の神様に感謝した。
Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月 2日 (日)

新年のご挨拶

Imgp1335_for_my_blog

明けましておめでとうございます

 

昨年中はお世話になりました。

 

このブログも2007年から4年目に突入しようとしています。

今年の目標は、

 

 

 

 

 

 

突然失踪してブログ更新を怠らないようにする()

 

 

 

 

 

 

 

 

でしょうか(^◇^)。

 今年もよろしくお願いいたします<m(__)m>>ブログ読者各位。

Photo_3

 

P.S.写真は現在更新中のイタリア・スペイン旅行記から。フィレンツェの暮れなずむ街並みが美しいです。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »