« 美しい-イタリア・スペイン旅行記(9) | トップページ | 暖かい »

2011年1月12日 (水)

蒼い空-イタリア・スペイン旅行記(10・終)

Imgp1303 Imgp1324 Imgp1395 Imgp1635 Imgp1718

 今回の旅行で一番よかったのは「天候に恵まれたこと」-これに尽きると思う。

 最初のイタリア・ピサで夕立ちにあったこととフィレンツェでにわか雨に遭ったこと以外はほぼ晴れ。いつも頭の上には蒼い空があった。

 どうしてもUKに住んでいると灰色の空が続く下で生活を続けることが多い。スコーンと抜けるような青空が続くことはあまりなく、1時間後に土砂降りなんてことがあるのはこのブログでもいい加減食傷気味になるほど、ネタにしてきた(笑)。

 そんな空の下にいると、どうしても自分の現在の境遇と相まって気分がどよーんとしてくる(;ω;)。


 でもイタリア・スペインはいつも青空。どこまでも蒼い空が続き、「本当に来てよかった」と思うことがしばしばであった。特にミラノから列車で1時間のコモ湖は青空で気温もちょううどよく、空の青さと湖面の青さが共存して、なんとも言えないいい気分になった。






 「未だ決まらない就職も、この『蒼い空』のように見通しがつけばいいのにな」



 心の底から、そう思った。

  さて、これにてイタリア・スペイン旅行記は終わりです。お読み頂き誠にありがとうございました>ブログ読者各位Photo  

|

« 美しい-イタリア・スペイン旅行記(9) | トップページ | 暖かい »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/50563908

この記事へのトラックバック一覧です: 蒼い空-イタリア・スペイン旅行記(10・終):

« 美しい-イタリア・スペイン旅行記(9) | トップページ | 暖かい »