« 再開 | トップページ | 変化-ポーランド&ドイツ旅行記(4) »

2010年11月25日 (木)

UKとは違う紅茶事情 in ポーランド-ポーランド・ドイツ旅行記(3)

 あまり知られていないが、ポーランドでもよく紅茶は飲まれている。

 ワルシャワでポーランド・プレミアリーグの試合を見に行ったのだが(物好きな私(笑))、そこでも売店には暖かい紅茶が売られており、9月下旬、秋が深まって少しずつ冷え込みが感じられる天候のワルシャワではサポーター達が紅茶のカップをすすっている光景がスタジアムの露店のテントの前でよく見られた。

 UKもご存知の通り「紅茶の国」。大学やカフェや街中のカフェでも飲物メニューのトップは'Tea'であって決して'Coffee'ではない。そしてUKの紅茶のデフォルトは、





 ミルクティ





 であるということ。大学のMBAコースがあったマネージメントスクールのカフェでも街中のカフェでも紅茶をサーブする脇にはだいたいミルクの大きな1.5リットルあるくらいのペットボトル(UKでは牛乳はプラスチックのボトルに入っている)がドンと置いてあって、セルフサービスで好きなだけ入れられるようになっている。

 ところがポーランドではその大きな牛乳のビンというかプラスチックの入れ物をみかけない。代わりに普通に置いてあるのは、






 レモンのスライス





 なのだ。自分がみかけたスタジアムの露店でもレモンのスライスが紅茶のプラスチックのカップをサーブされる場所の脇に、砂糖と共に置かれていてみんな当たり前のようにそれをカップの中に1切れ2切れ放り込んで飲んでいる。街のカフェでも似たような感じだった。

 

不思議に思って帰国して調べてみると、ポーランドの紅茶文化はミルクティではなくてレモンティがデフォルトなんだそうな。

 ミルクティーがデフォルトのUK紅茶文化に染まって久しい(笑)自分にとっては大きな驚きだった。

Photo

|

« 再開 | トップページ | 変化-ポーランド&ドイツ旅行記(4) »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

Oh!!久しぶりにのぞいたら再開していて安心しました!!
引っ越し問題も落ち着いたようで・・・

投稿: けんたろー | 2010年11月25日 (木) 19時29分

 けんたろーさん、まいど(^_-)-☆ご心配させてすみません。

 一応クサレ前大家の引越に伴うバタバタも解決しました。ありがとうございました。
 けんたろーさんの近況はどうですか(・・?

 ではでは(^^)/~~~

投稿: おりんぴあ | 2010年11月25日 (木) 21時40分

紅茶にレモンを入れるのは日本だけって聞いた気がするんですが、ポーランドもなんですね。
日本でレモンのスライスを紅茶に入れるようになったのは、農産物の自由化でアメリカの企業がレモンを売るために作ったCMが原因だという話でしたが、ポーランドではどんな理由でレモンティーがふきゅうするようになったんでしょうかねえ。

投稿: めいりん | 2010年11月26日 (金) 10時08分

 めいりんさん、まいど(^_-)-☆

 アメリカの企業は日本以外にもポーランドでレモン売ろうとしたんですかね(笑)。
 その辺はどーもよくわからないんですよ。「ケンミンショー」で取り上げてくれるとありがたい(^◇^)。

 UKにはポーランド人が結構出稼ぎに来ているので、チャンスがあれば聞いてみます。
 ではでは(^^)/~~~

投稿: おりんぴあ | 2010年11月26日 (金) 10時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/50126169

この記事へのトラックバック一覧です: UKとは違う紅茶事情 in ポーランド-ポーランド・ドイツ旅行記(3):

« 再開 | トップページ | 変化-ポーランド&ドイツ旅行記(4) »