« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月 5日 (火)

おいおい( Д) ゚ ゚-ポーランド・ドイツ旅行記(2)

 ドイツ・ルール地方、エッセン中央駅からケルン方面へ移動する普通列車へ乗る際での出来事。

 駅の自動販売機でケルンまでの切符を買おうとして目的地までの金額を確認してお金を入れていた時のこと。

 ドイツの市内公共交通システムはバス・トラム(市電)Uバーン(地下鉄)Sバーン(近郊電車)とある。SバーンはDB(ドイツ鉄道)が担当し、残りをその地方地方の公共交通輸送連合体といった公的な側面を持つ会社が担当する。
 これらの切符は共通で自販機やバス・トラムの運転手から買って、刻印機につっこみ日付や場所などが書かれた刻印をしないと不正乗車となりたまに乗り込んでくる検札チームに見つかると40-50ユーロ(約4400-5500円)を問答無用で取られる。改札がドイツの鉄道やバスでは原則的にないから(バスなどは乗車時にバスドライバーがチェックするケースもある)無賃乗車も可能だからである。

 で、その自分の買おうとした自販機はDBの長距離用の切符も市内公共交通機関の切符も買えるのだが、自分がお金を入れて切符が出てくるのを待っている間に、近くで別の自販機で切符を買ったオバサマが刻印機と勘違いして(こんな感じ。右端の黄色が刻印機で自販機の右中央にあるのが紙幣投入口)、自分が購入中の自販機の紙幣投入口に、






 おもむろに切符を突っ込んで刻印を押そうとしたのだ(爆)。






 私は







「オバハン、なにすんねん……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ?」







と思って、'Was?'(英語で'What?'の意味)と声をあげた。オバハンはそこで気がついたらしく、








 決まりの悪そうな思いのこもった笑顔をしていた(笑)。






 でもあのまま切符を紙幣投入口に入れてたらどーなったのかちょっと楽しみ(笑)

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

草を食む猫?-ポーランド・ドイツ旅行記(1)

  えー、ご無沙汰しております^^;

 前回更新時に申しあげた通り、ポーランド・ドイツの旅を終えました。リバプールには9月30日の深夜に戻ってまいりました_(_^_)_

 前にも書いたとおり通り今回もPCを携行しませんでしたし、またネットカフェはあったのですが日本語環境がほとんどなく、更新が滞ってしまいました。申しわけないです。

 アイルランド・スペイン・フランス旅行の旅行記も未完成なのですが、その完成を待ってポーランド・ドイツ旅行記を書いていくとなると、ネタの鮮度も落ちるので(笑)、並行させながら書こうと思いっています。

 んでポーランド・ドイツ旅行の初回は初訪問のワルシャワから1つ。

 今回ワルシャワの宿泊はネットで探したHostelworld.comという名前からも解るとおり、安宿を中心に紹介している予約サイトから検索して1泊35ユーロ(約4000円)のB&Bモドキの民宿に予約を入れた。

 行ってみると看板すらない。アパートのブザーをならして部屋の管理人を呼んで開けてもらうという東欧でよくある民泊みたいな感じ。これをB&Bと呼ぶ勇気には感銘すら覚える(笑)>管理人。

 この管理人さんというか宿の主人、もう定年退職してアパートにある空室を遊ばせておくのはもったいないのでそれを貸し出している。奥様や息子など他の家族はいないのだが、一匹の猫がいる。でもこの猫が変わっている(*^-^)。なんと、






 草を食べる







 のだ。

 自分の部屋は中庭に面していてベランダがあるのだが、そこにプランターに入った雑草のような緑色の草が生えている。この猫、自分の部屋のドアが少しでも開いていると侵入してきて、さらにベランダに通ずるガラスのドアが開いていることを確認したらベランダに出て一心不乱に草を食む。いや、マジで(笑)。

  この猫が去ったあとそのプランターの草を見ていると食いちぎられた痕があって、食べているのがはっきりとわかる。

Imgp1110 Imgp1111

 ベジタリアンなんだろうか┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~>この猫

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »