« 不況の影響ここにも | トップページ | お知らせ »

2010年8月12日 (木)

ご苦労さま

 今年の4月からこの借りている家をシェアしている人が変わった。前のシェアメイト同様スペイン人のアジという男なのだが、彼の仕事ぶりがもう欧州人とは思えない仕事仕事の人生(^◇^)。

 ま、朝は9時半くらいで普通、帰りも午後6時くらいに戻ってくるのだが、時々、というか3割くらいは夜遅く帰ってきたり、週に1度くらいのペースで徹夜の勤務が不定期にあるらしい。
 その際は翌日の午後5時くらいに戻ってきて部屋から出てこない。多分ずーっと朝まで寝ているんではないかと思う(時々夜10時ごろ起きてトイレ行ってまた朝まで寝るようだが)。ほんと、部屋に「寝る為に帰っている」といった状況である。

 あと休みがほとんどない>アジ。彼はなぜだか知らないが完全オフになるのは2週間か3週間に1回くらいの感じで、まさしく毎日仕事場に通うという感じ。洗濯もあまりしないからいったいどうやって生きているのか時々気になるが(笑)。

 そんな彼がスペインのバレンシアにいる家族を引越直後こちらリバプールに呼んで家族3人で彼の部屋で過ごしたことがある(部屋は12畳くらいあるのでそこそこ広い)。奥さんと小さな1-2歳くらいの女のお子さんだが、奥さんは英語はほとんど話せない。多分奥様とお子さんをこちらに呼び寄せたいのだろうけど、言葉の問題やお子さんの教育問題でUKに呼び寄せるのを躊躇して、彼が1人単身赴任という形になっているのだと思う。同じEUエリア内だからスペイン人がUKに住むには滞在許可やビザの問題は全くないにもかかわらず。

 ご存知の通り、スペインはPIIGS問題に代表されるように政府が巨額の財政赤字に苦しみリーマンショック後は20%台の失業率に悩まされている。そんな状況だから比較的欧州の中では経済状態のまだマシなUKで仕事をということになったのではないかと推測する。スペインはEUのメンバーだから、スペイン人がUKで仕事をする分には何の問題もなく仕事ができるのも一因だろう。

 アジは比較的キッチンや洗面所を綺麗に使う。しかし、時々彼の長い髪が洗面所に落ちているのにがっかりすることはあるが、シャワーの回数も少ないしこの洗面所を使っている時間も自分の方が圧倒的に長いので、「まぁしょうがないか。奴も忙しいし疲れているんだろうなぁ」と寛大な目で見ている。
Photo

|

« 不況の影響ここにも | トップページ | お知らせ »

留学生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/49126764

この記事へのトラックバック一覧です: ご苦労さま:

« 不況の影響ここにも | トップページ | お知らせ »