« ベネツィア再訪(5) | トップページ | あきれた。。。。。 »

2010年5月24日 (月)

ベネツィア再訪(6・終)

 何もかも「ベネツィアマンセー\(^o^)/」の色調が濃い旅行記だが^^;、唯一のベネツィアの欠点は、






 物価が高い







 これにつきる。

 確かにベネツィア本島に滞在している人の70%くらいは観光客だし、水の都の景観を守り、アクア・アルタの対策をして観光資源として守るためにはある程度しょうがないのかもしれない。

 でも、それでもちょっと庶民的な地元の人が使うようなトラットリアやバールでパニーニ(イタリアの焼きサンドイッチ)を2つ食べ、スプレムータ・ディ・アランチャ(生絞りオレンジジュース)を昼御飯に取るだけで10ユーロ近いお金が飛んで行くのだ。
 外食ですらこうだから、ホテルはもっと高くて、あまりよく掃除がされているとはいえないトイレ・シャワー共同の2つ星のホテルですら55ユーロする。挙句の果てにベッドが傾いていたり(-_-;)。これが3つ星4つ星とかだと確実に100、いや200ユーロ以上はかかる。

 ホテル側にしてみれば「地価が高い上に建物を建て直せないし、改装するにも行政の許可とか地盤沈下の防止策とかいろいろかかるんだからしょーがないでしょ(ーー;)」という言い分はわかるのだが、それにしてもちょっとリーズナブルとはお世辞にも言えない。

 それでも自分のようにまたベネツィアを訪問するお客がたくさんいるから、この島で観光産業に携わる人達は強気でいられるのだろう。

 大運河の上にかかるリアルト橋からぼうっとはるか彼方を見ながら、そんなことを考えていた。

 さて、「ベネツィア再訪」シリーズはこれにて終了です。
 ありがとうございました>ブログ読者各位
Photo

|

« ベネツィア再訪(5) | トップページ | あきれた。。。。。 »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

ベネツィアは高いですよね。。。
ホテルにしても、まったく同感。。。

でもやっぱり、あの島に泊まらないと、行った感じもしないので。。。

ちなみに自分はたまたま行った時期がカーニバルと重なって面白かったです!

投稿: けんたろー | 2010年5月24日 (月) 15時07分

…いいなぁ…ベネツィア旅行…
先日他界された井上ひさし氏の「ボローニャ紀行」とか読んで、「イタリアとか行きたいな~」と漠然と思う今日このごろ…
でも自分のイタリア行く時は、きっと「出張」なんだろうなァとも思う自分はいわゆる働きまくりのニホンジン(苦笑)。夢がねぇ~(^^;
みの拝

投稿: みの | 2010年5月24日 (月) 18時45分

けんたろーさん、みのさん、レスありがとうございます(^_-)-☆。

>けんたろーさん

 確かに本島の方が便利ですけど、あのホテル代の高さはちょっとどうかと思いますね。ベトナム人は外国人から遠慮会釈なしにボろうとしますが、ベネツィアの場合は値段交渉の余地がないから余計悪質かもしれません。

>みのさん
 就活中で無職の身には仕事でイタリア行ける方がうらやましいかと思います(苦笑)。

 ではでは(^_^)/~

投稿: おりんぴあ | 2010年5月25日 (火) 06時37分

ベネツィアへは、比較的若い頃からこれまで何回か行っていますが、
サンタルチア駅からサンマルコ広場まで最初はすんなり歩いて行けた
のに、だんだん迷うようになって、とうとう水上バスでしか行けなく
なってしまいました。

ヘンだな~。ベネツィアの地理が変わったわけじゃないですよね?

投稿: ろうま | 2010年5月28日 (金) 23時42分

 ろうまさん、まいど(^_-)-☆こちらでもよろしくですm(__)m。

 ベネツィアは路地が細くて迷いやすいですからねぇ^^;
 水上バス(バポレット)でしか自分もサンタルチア駅・サンマルコ広場を移動できないと思います(笑)。

 ではでは(^_^)/~

投稿: おりんぴあ | 2010年5月29日 (土) 06時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/48443608

この記事へのトラックバック一覧です: ベネツィア再訪(6・終):

« ベネツィア再訪(5) | トップページ | あきれた。。。。。 »