« ベネツィア再訪(4) | トップページ | ベネツィア再訪(6・終) »

2010年5月22日 (土)

ベネツィア再訪(5)

Imgp0653  Imgp0654

 

ベネツィアでよく見られるアクア・アルタ(高潮)

 日本でいう「高潮」というと台風の時に潮岬とか室戸岬など、高波が強風に煽られて








「バッシャーンぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ ぅぉぉぉー」









 という感じのテレビの画像を見ながらなぜか新人アナウンサーと思しき人があたかも「修行」のような感じでレインコートを被りながら叫んでいるのか実況なのかよーわからん(・・?というパターンが多い(^◇^)。だからベネツィアのアクア・アルタもそんなノリで、サンマルコ広場の正面から海水が広場になだれ込んでくる図を想像していた。

 ところが、これが全然違う。現地発着ベネツィアウォーキングツアーの日本語ガイドの話を聞いたら、雨水の排水溝からあたかも湧き出るというか染み出る様に水が出てきて、そのうちサンマルコ広場が水浸しという感じになるそうである。

 んで、夜に友人とのクラッシックコンサートを聞く予定がキャンセルになり、夜暇になったので急遽カメラをかかえて夜のサンマルコ広場の写真でも撮るかと思ってホテルから飛び出した。ホテルはサンマルコ広場の時計台の下から歩いて5分という立地だけはやたら良い(それぐらいしかウリがない(笑))。

 広場に行くと上記のような写真。「ああ、これが湧き出るように水が出るのか」と思いながら写真を撮ってサンマルコ広場のあたりをウロウロしていた。
 さて、戻ろうと時計台の下を通ってホテルまで戻ろうとするとこのアクア・アルタのおかげ大きな水溜りができて時計台の下まで行けない。回り道をしようとしてもベネツィアの街は迷路みたいなもので別のルートを通ってホテルに帰るつもりが道に迷ってしまい、再度サンマルコ広場まで戻るハメに陥った。
 さらには雷が遠くで鳴り始め、雨もぽつぽつし始めた。午後10時近くなり日は完全に落ちてしまった。ぼやぼやしていると夕立ちに遭いそうな気配。私は意を決して






アクア・アルタとなっている長さ3メートル前後、水深10センチ程度の水溜りの中に突っ込んでいった(;ω;)






 案の定、足元のジーンズはびしょぬれ、スニーカーと靴下は完全にずぶぬれでホテルに帰って乾かしたのはいうまでもない(笑)。でもホテルに戻って10分もすると土砂降りの夕立。








 「この選択が正しかったんだ(^_^)v」と自分にいい聞かせた(笑)
Photo

|

« ベネツィア再訪(4) | トップページ | ベネツィア再訪(6・終) »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

まぁベタですが、「水もしたたるイイ男」っつぅ奴ですな(微笑)
みの拝

投稿: みの | 2010年5月24日 (月) 18時47分

 みのさん、まいどm(__)m

 いえいえ、ただの「濡れネズミ」ですわ( ^ω^ )

投稿: おりんぴあ | 2010年5月25日 (火) 06時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/48422053

この記事へのトラックバック一覧です: ベネツィア再訪(5):

« ベネツィア再訪(4) | トップページ | ベネツィア再訪(6・終) »