« ベネツィア再訪(3) | トップページ | ベネツィア再訪(5) »

2010年5月20日 (木)

ベネツィア再訪(4)

 前回の訪問ではなぜか訪れなかったべネツィア本島以外の島、リド島を訪れた。

 本島の観光が一通り済んで、バポレット(水上バス)の24時間券も手元にあるので行ってみようということになり、1番のバポレットに乗り込み訪問してみた。ベネツィアの街のへそ、サンマルコ広場から15分くらいで着く。

 ベネツィア本島はどうしても観光客が多くてちょっと猥雑な感じもしないのでもないのだが、ここリド島はそういう感じが全くしない。道路があって車が走っている(といっても交通量は多くない)点がちょっと本島と異なる。少しずつメインの通りを歩きながら店を冷やかして歩くとこの街のよさがわかった。





 非常に品の良い、居心地のいい静かな街





 である。ここはベネツィア映画祭の開催地にもなっていて、非常にハイソな雰囲気がある。そのハイソな雰囲気もよそ者を受け付けない感じではなく、とても親しみやすい、観光客をそれなりのもてなしの心を持って受けてくれるような暖かい感じがなんだか心地よい。お店でモノを買ってもお店の人はニコニコしながら応対してくれるし、建物も威圧的ではない、バルコニーに花が自然と飾ってあって、それでいて綺麗に洗練された、手がきちんといれられている家やフラットが多い。このベネツィアがあるベネト州はイタリアの中でも一番お金がある豊かな地域と聞いているが、その理由がなんとなくわかるような気がした。

 少し歩くと細長い島のビーチが見えてくる。またシーズンには早いが、それでも水着を来て日光浴をしている男性がいたりする。自分達は次のシーズンに向けて改装中の工事が急ピッチで進む海の家の中で、サラダと子蛸とルッコラのオードブルをつまみながら、ビールを飲んだ。





 気持ちの良いリド島の休日-また行きたいなぁ。。。。
Photo

|

« ベネツィア再訪(3) | トップページ | ベネツィア再訪(5) »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/48405886

この記事へのトラックバック一覧です: ベネツィア再訪(4):

« ベネツィア再訪(3) | トップページ | ベネツィア再訪(5) »