« ドイツ最高峰へ!ツークピッシェへ行ってみた<4・終>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(13) | トップページ | 「地の果て」ランズ・エンドへ<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(15) »

2009年11月 4日 (水)

宿がみつからない!-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(14)

 イングランド南西部の端の端、ペンザンスの街に着いたのは午後7時半。夏の日がまだ長いUKでも9月下旬になるとさすがにもう暗くなってくる。ロンドンのガトウィック空港に到着したのがちょうどお昼くらいだから、さすがに移動の疲れは否めない。「到着後宿探すの面倒くさいなぁ」と思いながら「まぁなんとかなるでしょ」とお気楽モードでいた。

 さて、自分の場合、宿を見つけるのは現地ということが多い。予約するとその予約に縛られてしまう嫌いがあってイヤだし、旅の途中で面白いものを見つけて日程変更といってもできなくなるので、原則的には旅の初日を除いて予約しないのが今までの通常の私の旅のパターンであった。

 だからここペンザンスでも「到着は遅くはなったけど、8月のピークシーズンは越したしまぁ空室はあるだろう」と思ってたかをくくって、地球の歩き方を見ながら地図に載っているB&B(UKの民宿)街を探していた。B&B街は多少発見に苦労はするも、見つかった。

 しかし、




 大方のB&Bが'No Vacancy'(空室なし)の看板を出しているw(゚o゚)w



 数件のその表示がかかってないB&Bにも行ってみるが、答えは同じで「ごめんなさい。もう空室はないのよ。」とつれない答えが戻ってくる。2軒目も同じ。このときばかりはさすがに焦った。。。。「ヤバイ、野宿なんてことになったらどうしよう。゜゜(´□`。)°゜。」と真剣に考え始めた。

 思えば、2006年のドイツワールドカップの時でさえ、当日にハノーバーに入ってもツーリストインフォ(旅行案内所。日本だと地方自治体の商工観光課みたいなところが駅などに事務所を持っている)でホテルを紹介してもらえたぐらいだから、まぁペンザンスでもあるだろうと軽く考えていたのが大失敗。

 もう1件あたってみるも、B&Bのご主人は「ないねぇ。ごめんね。」とのお答え(>_<)。そこで私はしつこく食い下がり「このあたりだと、どのあたりが空いてますかね?」と質問した。同業者ならば近くのホテルと協力関係を取り、お客さんの融通とかは絶対やっているだろうと推測したからだ。案の定、そのご主人は




 「この近くの宿ならあるよ。プロムナード沿いに行って右手にあるよ、あそこならあるんじゃないかなぁ?」






 ありがとうの言葉もそこそこにその宿に向かう。宿のご主人に「部屋はありますか?」と聞くと「あるよ。」との嬉しいお答えが戻ってきた。1泊30ポンド(約4500円)とまぁまぁのお値段。すぐOKをして、野宿の恐怖から解放された。










 よいこの皆さんは絶対マネをしないよう注意しましょう(笑)。

|

« ドイツ最高峰へ!ツークピッシェへ行ってみた<4・終>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(13) | トップページ | 「地の果て」ランズ・エンドへ<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(15) »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

はーい!
宿を取らずに移動してイタイ目にあったことが2回ほどあります!scissors

1回目はヨークに遊びに行ったときでした。なんでも大きな競馬の大会があったらしくB&Bはどこも満室。10件近く回っても見つからず、「駅で野宿か・・・」と思って、駅まで歩く気力もなくタクシーに乗ったところ、運転手のおじさんが「おれが知っている宿に聞いてやるよ!」と。無事そこで部屋が取れました。happy01

2回目はダブリン。今度はラグビーの決勝試合があるとかでこれまたどこも満室。やっと見つけたユースホテルのようなところは、なんと男女同室で、、、 夜は誰よりも早く布団を頭からかぶって寝て、次の朝誰よりも早く起きてチェックアウトしました。。。。

全日程のホテルを事前に予約しないとしても、次に行く街のホテルくらいは予約していたほうがいいですね・・・

投稿: Carmen | 2009年11月 4日 (水) 08時59分

Carmenさん、まいど(^_-)-☆レスありがとうございます

 あはは(^_^;)、Carmenさんも似たようなことを経験されているんですね^^;。

>次に行く街のホテルくらいは予約していたほうがいいですね・・・

 確かに。最近はネットですぐ予約できてしまいますからね。その方が賢いような気がします。

 ではでは(^_^)/~ 

投稿: おりんぴあ | 2009年11月 4日 (水) 09時29分

ども。
ワタクシが予約を持たずにリバプールに行ったところ、ことごとく断られ、そのおかげで、あの忌々しいYMCAに泊まる羽目になったとさ。
ま、観光案内所はあるんだから、そこで何とかしようとしなかったのが間違いですが。

そういうのは結構あって、特に人の風体を見て判断しそうなのがスペインとポルトガルです。
特にひどいのがリスボン。ま、ホテルじゃなくてペンサオンあたりを狙えば何とかなると思いますけど。
一番やっかいな探し方になったのはモロッコのティトアンです。
探している最中「オレが見つけてやる」という人物が現れ、これに従ったらことごとく失敗し、とうとう、ダブルの部屋を2人分料金を払うということでやっと見つけました。これが一番長くかかった例かな。2時間くらい歩きました。荷物持って。

とにかく、2~3軒断られ続けると嫌な予感がしてくるんですよねえ。

投稿: ヒョウちゃん | 2009年11月 4日 (水) 21時58分

 ヒョウちゃん、まいど。YMCAの忌わしい記憶はそのあたりから来ましたか^^;

 しかし外観で判断されるのはイヤですね。。。。。(;ω;)>スペイン&ポルトガル。それで2軒、3軒断られると気分的には滅入ります┐(´д`)┌ヤレヤレ。

 ではでは(^_^)/~

投稿: おりんぴあ | 2009年11月 5日 (木) 08時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/46669457

この記事へのトラックバック一覧です: 宿がみつからない!-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(14) :

« ドイツ最高峰へ!ツークピッシェへ行ってみた<4・終>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(13) | トップページ | 「地の果て」ランズ・エンドへ<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(15) »