« 高い!-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(8) | トップページ | ドイツ最高峰へ!ツークピッシェへ行ってみた<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(10) »

2009年10月25日 (日)

購入できない免税品-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(9)

 知り合いのUK人に「UKはタバコが高いので、パリかミュンヘンの空港で免税店のタバコを買ってきてくれると嬉しい。もちろん、お金はあとから払う」と頼まれた。日ごろお世話になっているし、これからも英文の履歴書のネィティブチェックをお願いすることもあるので、二つ返事で了解した。

 で、パリからミュンヘンは鉄道移動なので免税品店はなく、ミュンヘンからロンドンへの空路での移動でミュンヘン空港でそのご希望のタバコを1カートン買おうとした。。。。。

 ところが、免税品店の売り子のオバサン、「搭乗券を見せて。。。あらロンドン行き?ごめんなさいね、








 UK行きのお客には免税品のタバコは売ることができないのよ。法律上の規定でね。」












 とのつれないお答え(;д;)。これは自分の推測の域を出ないのだが、もしこれを認めるとUKの人間がタバコを買うためにEUエリアに買出しに行くことになり、軽い脱税というか脱法行為になるからそれを防ぐための措置ではないかと思う。

 同じく飛行機に搭乗したあと、機内販売でも免税品のタバコが買えないか機内誌の機内販売の欄を見たら同じく「UK行きの機内では免税品のタバコおよび酒類は当局からの許可なく販売できません。ご了承ください」との表示が。。。。。。(ρ_;)。

 ちなみに免税品のタバコの金額はUKのタバコの金額に比べてだいたい3分の1。












 知り合いのUK人が免税品のタバコにこだわる気持ちがよくわかるような気がした。

|

« 高い!-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(8) | トップページ | ドイツ最高峰へ!ツークピッシェへ行ってみた<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(10) »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

以前はEU内の国際線搭乗客も免税品を買えたのですが、98年7月1日から買えなくなりました。
私はその施行日にイタリアから帰国するはめになり、当時喫煙者だったので非常に残念に思った経験があります。
ドイツも煙草は高かったのは同じで、当時の値段はどの銘柄でも1箱5マルク(為替レートは1ポンドが2.8から3マルクくらいだったはず)でした。

投稿: きたろう | 2009年10月25日 (日) 07時53分

頼んだ人も「行きに買ってね」と言えば、若干安く手には入ったんですよね。

タバコは買わないのですが、いろいろ厳しいんですね。

投稿: めいりん | 2009年10月25日 (日) 13時10分

ケチやな、UKは。
ケツの穴ちーさいなぁ。

でも、今の職場<<<<UK なのは間違いありません。

投稿: けんたろう | 2009年10月25日 (日) 19時08分

 きたろうさん、めいりんさん、けんたろうさん、まいど!(^^)!。レスありがとうございます_(._.)_まとレスで失礼します。

>きたろうさん

 かなり前から存在していたのですね(゜o゜)>この制限。今はどこもタバコが高くなってますから、こういうのは喫煙者にとっては厳しいのでしょう。

>めいりんさん

 頼んだ人はパリに着いた後にメールとSMSで頼んできたので、リバプール空港で買うという手は使えませんでした。さらに某所で書いたようにリバプール空港ではセキュリティチェックで1時間もかかって買うヒマがあったかどうかはかなり疑問ですね^^;。

>けんたろうさん

 ま、所詮その程度の国です(笑)>UK.

>今の職場<<<<UK なのは間違いありません。

じゃ、交換する(笑)?自分の現状と(^_^;)。

 ではでは(^^)/~~~

投稿: おりんぴあ | 2009年10月26日 (月) 06時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/46575212

この記事へのトラックバック一覧です: 購入できない免税品-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(9):

« 高い!-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(8) | トップページ | ドイツ最高峰へ!ツークピッシェへ行ってみた<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(10) »