« イングリッシュブレックファーストは重い-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(3) | トップページ | UK版モン・サン・ミッシェルに行ってきた<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(5) »

2009年10月15日 (木)

理解に苦しむ^^;-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(4)

 パリ最終日の夕御飯は同行の友人が「日本食を食べたい」というので、日本食レストランに連れて行った。パリでは結構この日本食レストランが雨後のタケノコみたいにできており、マレ地区に泊まった自分達も街歩きをするだけで2~3軒の日本料理屋を発見。
 ご存知かもしれないが、こういう日本料理屋は日本で真っ当な日本食を食べた経験のない中国人や韓国人、東南アジア系の人がコックとして料理を作ることが多く、日本人からすると相当奇怪^^;な日本食を食べさせられるという経験ができるということなので、そのことを友人に話したら、その友人は好奇心満々の上にかなり乗り気で「話のネタに行ってみましょう^^;」ということで、1軒の日本料理屋に入った。

 案の定、レストランの中で聞こえる言葉は中国語かマレー語の類^^;。メニューを貰うと、39ユーロ(約5300円)で2人前から頼むことができる定食がある。内容は突出の梅酒に味噌汁、刺身や握り寿司の舟盛、そして焼き鳥ということで、コストパフォーマンス的にもまぁこれくらいが妥当かなということで頼んでみた。

 早速出てきた梅酒と突き出し、そして味噌汁だが。。。。。。










 キムチとなぜかレンゲが御椀の中に入っている味噌汁( ̄ー ̄)ニヤリ












 「突き出しでキムチはねーだろ(^-^;」と心の中でつぶやきながら味噌汁を飲むとまぁこれは普通の味でちょっと拍子抜け。

 次に出てきたのが刺身と握り寿司の舟盛り。結構なボリュームで、ネタとなっているサーモンやマグロの鮮度もそんなに悪くなく、合格点。これだと日本の居酒屋で出してもまぁ客から苦情は出ないだろうなと感じた。大根の褄がちょっと水っぽかったのが残念だったけど、まぁそれはご愛嬌ということで( ^ω^ )。

 でも、これからがすごかった。。。。。(^-^;焼き鳥なのだが。。。。。。。











 なぜか、焼き鳥が御飯と一緒に出てくる(笑)












 しかもその御飯が、小さな白い茶碗にご仏前に備えるように表面が丸く盛ってあるのだ(爆)。













 日本の飲食店でやったら間違いなく「線香立ててお葬式かよっ!」とハリセンボンの近藤春菜風の突っ込みが客から入りそうな勢いである^^;

 さらに出てきた本丸の焼き鳥だが・・・・・1つ見慣れない串がある。ネギ間のように肉と肉の間になにやら白いものが挟まっているのだ。恐る恐る食べてみると。。。。。。。












 チーズだった(核爆)。















 しかも焼き鳥のタレつき(´Д`;≡;´Д`)アワアワ。。。。。












 お勘定をして店を出た瞬間、「あの焼き鳥はキョーレツだったな┐(´-`)┌」と友人と話が弾んだのは言うまでもない^^;。

|

« イングリッシュブレックファーストは重い-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(3) | トップページ | UK版モン・サン・ミッシェルに行ってきた<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(5) »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

すすすすみません。「あ、うまそう」と思ってしまった自分は日本人として非国民でせうか?(^^;焼き鳥のタレ付チーズ(笑)

チーズって意外と日本メニューに合いますよ~。
大阪は大正駅近くの飲み屋で「あぶらあげの中にスライスチーズ入れてそのまんま焼いたのにネギと醤油系タレかかったの」が出てきて、コレめちゃ美味かったっす。即ウチ帰ってアレンジして作ってみましたね~。
かつての飲み屋の娘的にはこーゆーお話伺うと「つきだしの新作メニューのアイデア」を得たような、トクした気分になります(微笑)
みの拝

投稿: みの | 2009年10月17日 (土) 12時55分

 みのさん、まいど_(_^_)_。レスありがとうございます

 ええ、立派な非国民です(笑)。確かに合いそうな気はしますが、イマイチ脂っこくて・・・>この店での焼き鳥のタレ付チーズ。
 日本の多少マイルドなチーズだと合うかもしれません。

 ではでは(^^)/~~~

投稿: おりんぴあ | 2009年10月18日 (日) 05時15分

焼き鳥とご飯の組み合わせは経験があります。
アウグスブルクの日本食レストランに、重箱に詰めたご飯の上に串に刺さった焼き鳥が乗っているだけの定食(味噌汁と組み合わせだけ)がありました、チーズは挟んでなかったけど。キッチンを覗いて見た訳じゃないけど、この店に居た東洋人は日本語が話せなかったなぁ。

ちなみに、この店は儲かったからか99年に広い場所へ移転してメニューが豊富な立派な店になりました、それまではなかった寿司もメニューに加わったりして。もっとも今も存在するのかどうかは知りませんが。

投稿: きたろう | 2009年10月18日 (日) 06時57分

 きたろうさん、まいど!(^^)!。レスどうもです

 なんかそれは焼鳥丼みたいですね(^_^;)。さらに寿司がメニューが加わるのが海外の日本料理屋ですな(笑)。

 ではでは(^^)/~~~

投稿: おりんぴあ | 2009年10月18日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/46489331

この記事へのトラックバック一覧です: 理解に苦しむ^^;-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(4):

« イングリッシュブレックファーストは重い-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(3) | トップページ | UK版モン・サン・ミッシェルに行ってきた<1>-パリ・ミュンヘン・イングランド南部旅行記(5) »