« グラスゴーへ行ってきた(5) | トップページ | グラスゴーへ行ってきた(7) »

2008年12月22日 (月)

グラスゴーへ行ってきた(6)

 リバプールからロンドンまでVirgin Rialroadが運営する鉄道会社の特急列車に乗っていくとロンドンまでは2時間20分弱。だいたい感覚的には東京から大阪へ行く感じで、運賃もほぼ片道60ポンド(約8000円)で2等車に乗ることができる。学生割引が効けば40ポンド弱(5300円)と安くあがる。

(ちなみにこのVirginが運営するVirgin RailroadはあのVirgin Atlantcという航空会社が所属するVirgin Groupの企業で、UKでは立志伝中の人物リチャード・ブランソンが1代で築き上げた大企業である。この人、MBA上がりの経営者連中に対して凄い嫌悪感があるらしい(笑))

 で、自分は「グラスゴーは近いからロンドン行くより半分くらいで着くんだろうな」とタカを括っていた。ところが-これがえらく遠い。逆にロンドン行きと違って直通ではグラスゴー行き特急列車が走っておらず、一旦本線まで出て乗り換えなければならないもんだから逆に時間がかかるケースすら存在する。最速で3時間半、下手すると4時間以上かかる場合もある。費用的には少しロンドンへ行くより安いかなといった感じではるので、この面ではあまり遠いとは感じないのだが。

 リバプールからですら、こんなに遠くかかるのだから、ロンドンからだとさらに遠く感じるんだろうなと漠然と車窓を眺めながら考えていた。

|

« グラスゴーへ行ってきた(5) | トップページ | グラスゴーへ行ってきた(7) »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/43493896

この記事へのトラックバック一覧です: グラスゴーへ行ってきた(6):

« グラスゴーへ行ってきた(5) | トップページ | グラスゴーへ行ってきた(7) »