« 空港に泊まる? | トップページ | DoubleDecker »

2008年11月21日 (金)

ドンムアンからスワンナプームへ

 前回に引き続き空港ネタ(^_-)-☆。そういえばタイに行った際の旅行の話はブログではしていないのでそのネタも絡めてちょっとバンコクの空港について書いてみたいと思う。

 バンコクの空港といえば、ドンムアン空港だった。この空港は軍用の飛行場として開港したのだが、次第にこの空港が東南アジアのハブ空港として重要さを増していた。混雑も酷くなりスワンナプーム新空港となったのが現在までの簡単ないきさつである。
 私もこのドンムアン空港にはいろんな思い出があって、バンコク経由でフランクフルトに向かう際、フランクフルト行きの飛行機に乗ろうとして早めに行ったものの手荷物検査場が激混みで、あやうく乗り遅れそうになったことや、空港ホテルの予約をしていたのにホテルからのリムジンバスのお迎えが来ていなくて、電話してもイマイチ要領を得ず、ホテルに着いたのは結局到着から1時間後といった様々な経験をした場所である。建物もなんとなく古ぼけたいかにも「タイ!」といった感じの趣がある建物( ´,_ゝ`)で、壁のすすけ具合をみながら「ああ、タイに来たなあ、バンコクに来たなぁ(^_^.)」ということを実感するのがいつものパターンだった。

 ところが、2006年9月ワールドカップの興奮からいい加減醒めた(^_^;)自分の目に飛び込んできたのは「バンコク新空港開港」であった。噂には聞いていたが「どーせタイ人のやることだから(笑)、2年くらいは遅れるんだろうなぁ」と思っていたらわずか1年の遅れで(笑)新空港を開港させたのだ(^_^;)>タイ政府。私はびっくりして声も出なかったが、この時代は個人的にFIMBA入学の話などもあって、自分は欧州方面ばかりに気が向いてしまってタイに行く機会は薄れてしまった。それに伴いスワンナプーム新空港の話も完全に忘却の彼方に消え去ってしまっていた。

 今回、初めてこのスワンナプーム空港を使ったのだが、残念なことに昔のドンムアン空港の雰囲気は消し飛んでしまった。広い通路、ガラス張りの壁、綺麗なカウンターの列-文句のつけようのない現代的な空港であるのは確かである。
 しかし、しかしだ。とても無機質な感じがして世界中にある新しく建てられた空港とあまり変わりがない。案内の文字がタイ語で書かれている部分もあるからバンコクだってわかるけど、もしそれがなければ関西国際空港やソウル・インチョン空港ですといわれたら納得してしまいそうな自分がいたりする。正直、あんまりタイに来たというイメージを湧かせてくれないのが残念である。

 久しぶりのバンコクだったが、少し悲しみを覚えながら、出発階に上がってタクシーを捜した。

|

« 空港に泊まる? | トップページ | DoubleDecker »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/43185413

この記事へのトラックバック一覧です: ドンムアンからスワンナプームへ:

« 空港に泊まる? | トップページ | DoubleDecker »