« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月30日 (火)

サマータイム終了

 すみません。多忙+風邪ひきの体調不良で更新をサボってました。しかしぜんぜんアサインメントの読書が終わらん(^_^;)

 さて、今日はサマータイムのお話。日本でも導入が検討されたこのシステム、夏の日が圧倒的に長い欧州ではイングランドを含む欧州全域で採用されていて、3月最終日曜日に1時間時計が進み、10月最終日曜日に1時間時計が戻る。

 私も日本で欧州サッカーをTVで生観戦していた時には、「ああ、時間変わるのか」ぐらいの認識しかなかったのだが、こちらに来て10月29日土曜日、夜半を過ぎて日付が日曜日に変わる頃、パソコンの時計が1時間違っていることに気がついて(パソコンは時計をオートで調整するらしい)、初めてサマータイムの存在を実感した。

 月曜日は英語の補習コースでお気に入りのアンナ先生の授業だったが、導入のネタはこのネタから。私がサッカー絡みでこのことを知っているということを言うと、彼女は「ヤレヤレ(^_^;)」という顔をされたのは言うまでもない(笑)。

 ではでは(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

浦和対城南一和 そしてベシクタシュ対リバプール

 皆さんご存知かもしれないが、アジアチャンピオンズリーグ準決勝第二戦 浦和対城南一和戦が行われ、浦和がPK戦を制して決勝への切符を手にした\(^o^)/。残念ながらリバプールでは画像は手に入らなかったが、リアルタイムの速報を見ながら8時間遅れの昼間の自分の部屋でやきもきしていた。

 残念ながら外出した関係で延長・PK戦についてはリアルタイムの速報は見ることが出来なかったけれど、帰宅していの一番に結果をネットで確認して、「やった」とガッツポーズ(^^)v。別にレッズファンではない私だが、やはり日本を代表して海外で戦うとなるとがんばってくれという気持ちになる。これで決勝に勝てば、クラブ・ワールドカップでガチンコのミランと対戦できる可能性が出てくる。
 代表レベルでの世界の舞台はワールドカップである程度わかったのだが、クラブレベルで真剣勝負というのはほんとうの力がでるんだと思う。つまり、毎日顔をつき合わせて練習し、戦術・戦略を固めて日常のリーグ戦があるクラブは、寄せ集めの代表とはサッカーが質的に違う。そのクラブレベルで日本でのサッカーが世界でどの程度通用するかということを試すことが許される場所は、やはりクラブワールドカップしかない。

 またアジアチャンピオンズリーグで優勝するということは、日本のサッカーがクラブレベルでもアジアのトップにあるんだという強烈なプレゼンスになると思う。そういう意味でも浦和にはぜひがんばってほしい。
 ま、そんな余計な心配しなくてもあの赤いサポ軍団がボーイング7471機借り切って多分中東のアウェイ戦でも真っ赤にスタジアムを染めるんだろうな。それだけでも中東の人たちには鮮烈な印象を残すと思うけど^^;

 そんなことを考えながら、パブでUEFAチャンピオンズリーグ、ベシクタシュ対リバプール戦を見ていたら、リバプールがこけてしまった^^;。Euro予選でロシア代表に負けたイングランド代表といい、リバプールといい、今シーズン大丈夫なんですかね(・・?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

気分転換

 気分転換に、ブログタイトルとリンクを修正・加筆させていただきました。

 リンクに加えさせてもらったのは、同じFIMBA同級生Shinさんのブログと同じリバプールのジョン・ムーア大学でコーチングの勉強をされている深澤祐介さんのブログです。お二方とも若くて前途有望な方で、ブログの内容も充実していると思います。ぜひご覧になってください。

 では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

しばらく更新が滞るかもしれません

「何か悪いことでもあったの?悲しそうな顔をしているわよ」
「疲れた顔ねぇ」
「忙しくてくたびれた顔しているわ」

 ここ数日の間に周辺の人間やフラットメイトに言われた言葉だ。確かにとても凹むようなショッキングな事を言われたのは事実で、それが尾を引いているのだろうか?

 ともかく、何をやってもうまくいかない、がんばっても空回りしているような気がしてしょうがないです。どーすりゃいいんでしょ?マジで。。。。。。。

 そのため、更新が滞る可能性があります。ご了承ください。
 では。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

「宅男」

 これ、なんだと思います?いや、日本語の新語ではなくてさ^^;

 この前の英語補習コースで、ワシと台湾人・中国人の女性、そして同じFIMBAの日本人学生さんとグループディスカッションをしてきた時に出てきた言葉です。中国語(普通語)で、

             ひきこもり

 のことをこういうそうです。もちろん中国語読みですが^^;。なんとなく意味がつかめる所に同じ漢字文化圏の人間なんだなぁということを実感しました(^^)v

 このときのグループディスカッションの話題は青少年問題で、自分の母国で問題となっている青少年問題を話題に挙げて英語で相手に説明し、ディスカッションしなさいということで、台湾でもこの「宅男」は日本同様社会問題化しているようです。似たようなことはどこでも起きているんだなということを発見した一日でした。

 んでは(^.^)/~~~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

同じフロアのインド人

 ウチのフロアの女性はみんなインド人。料理が得意でカレーのおいしそうなにおいをキッチン中に漂わせているときは、なんともいえない食欲が湧き出てしまって困る^^;
 無論、ご飯は手で食べるし、カレーの種類も牛肉はダメだ。これがバングラデシュとかパキスタンのイスラム教系インド人になると今度は豚がダメになるので、航空会社なんかがチキンカレーを好んで出すのは、このあたりに理由がある。

 その彼女達がナンを作るところを目撃してちょっとびっくり(*_*;。彼女達はナン(といっても少し小ぶりなヤツですが)を小麦粉から混ぜて水を足しながら捏ねるのだが、直接「テーブル」の上に粉をばら撒いて作るのだ(苦笑)。下に新聞紙とか皿とか全く敷かずに。

 私は唖然として見ていたが、「なんで下に新聞紙とか敷かないの?」と聞いても「これが普通だけど」という答えが返ってきそうな気がしたので、質問するのは止めておいたが、多分これがインドでは普通なんだろうなぁ。。。。

 日本人とインド人の衛生感覚の差にちょっとびっくりでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

リバプール大聖堂のオルガン with podcast (12)

 すみません。しばらく更新サボってました(^^ゞ。お詫びといってはなんですが、リバプール大聖堂の美しいパイプオルガンの響きをお楽しみください_(._.)_

 「20071014OA.mp3」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

ドイツ語

 ドイツ語の講座も勢いあまって取ってしまった(笑)。で、今日の夜6時から毎週水曜日にこの講義が入る。受講料は77ポンド。学生割引が効いたのでこの金額だが、本当はもっとするらしい。

 このドイツ語の講座は大学の生涯学習センターというところが主催しているモノで、大学の公開講座みたいなものといえば一番読者さんにわかりがいいだろうか。だから、講義を受けに来る人もリバプール大学の学生はほとんどおらず私ぐらいなもんで、弁護士の人や仕事帰りのサラリーマン、会社で秘書という方もいらっしゃいました。

 英語でドイツ語の授業を受けるというのもなんだか変な気分ではありますが、ドイツ語のみならずその分英語も上達すればいいなぁと思う今日この頃です。

 ではでは(^.^)/~~~

P.S.今週末に課題の提出やプレゼンの準備等が重なっていて更新が不定期になる可能性があります。ご了解ください_(._.)_

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

忙しい

 やっと月曜日締め切りの1000語エッセイを提出した。以前書いたと思うが、EAPで1500語のライティングがあったので、それに比べれば楽かなと思ったらそうでもなく、結構苦しんだが^^;。
 そうかと思ったら今度は金曜日に800語のエッセイが待っている(苦笑)。ま、サッカー関連ネタなのでまだ楽だけど、また書かなきゃならんのかと思うとぞっとする^^;。

 ところが、話はこれだけでは済まず、さらに火曜日の人事管理論の予習と木曜日の経営戦略論についての宿題について読んでプレゼンのプラン考えておかないとまずい。これだけで優に読む量は30ページぐらいあるのか。。。。。。。(-_-メ)。

 つーわけで、なんだかせわしない日が続きます。
 マジで忙しいです^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

週2回ネクタイを締める

 というようなことになってしまった^^; in Liverpool。

 FIMBAのコース内容としてゲスト・スピーカーズ・セッションというのがある。著名な実業家やサッカー業界で活躍されているクラブ関係者、メディアで働いている卒業生や、スポーツ関連会社のマーケティング担当者等々、フットボールビジネスの第一線で活躍されている方のお話を伺うという内容で、水曜日の講義は他コースのMBA学生と机を並べて同じ講師の話を聞くこともあるが、金曜日に関してはFIMBA学生のみの対象(約25人)なので、結構ここだけの話が聞こえてきたりする。従って録音が禁止されているので、みなさんに一部でもPodcastでお送りできないのがとても残念なのではあるが(笑)。
 で、ここでいろいろ講義の後いろいろ質問して名刺を配ったりして人脈を作って就職活動に励んでね^^;という大学側の意図が後ろには隠されているわけです^^;。先週の金曜日もプレミアリーグの下部リーグを管轄するリーグ事務局の試合運営のトップの方が来たりして、いろんなお話をされた。とても内容的には興味深かったりする。いろんな手を使ってプレミアにはないオリジナルの価値を出そうと一生懸命になっているのが伺えてとても有益な講義であった。

 で、本題^^;。その時の大学側が指定してくるドレスコードが"Smart"(こぎれい)にしてきてくださいということ。「ヨレヨレのジーンズに破けたようなシャツでは困りますよ。忙しい時間を割いて来てくれた講師に失礼ですから」ということで、前述した通り将来の就職活動という側面もあるので、コースメイトはかなりの人間がネクタイを締めてくる。ネクタイはなくとも最低限ジャケットはというのが暗黙の了解みたいで、まるで普通のオフィスにみんな仕事しに来ているみたいになるが^^;

 私の前職の時に仕事柄ネクタイをすることは希で、勤務先の行事がある時はさすがにネクタイをして上着を着ていたが、まさかこちらにきてまで週2回ネクタイをして大学に通わなければならないとは夢にも思っても見ませんでした^^;
 というわけで、必ずスーツと革靴はもってきませう^^;>来シーズン入学を考えている方。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

気分転換

 エッセイや予習として読んでおきなさいというマテリアルがあまりに多いので、気分転換に料理でも作ろうと思って、先日買っておいたムール貝、豆腐、そして芽キャベツを使ってマーガリンと醤油で炒め物をした。ご飯は炊いてあるので、東南アジアの屋台風にぶっかけご飯にすれば完璧なのであるが。。。。。

 ところが、この芽キャベツが大外れだった。なんでか解らないのだが、やたら苦くてわさびよりもひどく食べたら涙が出るくらい苦いというか辛いのだ。しょうがないので茹でたら少しは苦味が減るのかなと思って、炒めたにもかかわらず芽キャベツだけ取り出して茹でたのだが、味は相変わらず^^;。何とか半分は食べたが、残り半分はあまりのひどさに捨ててしまった(涙)。あとの豆腐とムール貝は結構いい線行っていたので余計に残念な気がしてしょうがない。

 どなたか、芽キャベツの美味しいレシピをお教えください(苦笑)。
 それとも、イギリスの芽キャベツって苦いものなんでせうか^^;?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

インチキ^^;24時間営業

 リバプール大学のメイン図書館は2つあるが、マネージメントスクールに近いシドニー・ジョーンス図書館は24時間営業。自分の卒業した大学は朝の8時半か9時から夜の9時まででしたが、欧米の大学は24時間図書館が開いている所が多いと聞いていたので、「ウチもそうなのか^^;やった(^^)v」と思って、再度確認すると意外なことを発見した。以下の通り。

「月曜日の朝8時半から土曜日の夜9時半まで。そして日曜日はお昼12時から夜の9時まで利用できます」

 つまり、月曜日から土曜日の夜までは連続して24時間営業だけど、土曜日と日曜日の深夜・早朝は24時間営業の範疇外ということ。日本のコンビニとかで1週間例外なく24時間営業に慣れている私のような人間には「なんだそら(・・?」といった感じである(笑)。
 まぁ、こちらにも少しづつ大規模スーパーで24時間営業をする店が増えてきつつあるのだが、よく調べてみるとこの図書館のように週末は24時間営業を止めているところが多い。

 多分、週末は完全にお休みという感覚が強いのと、もう一つは深夜お客が来ない割にはセキュリティの人員確保で経費がかさむという面もあるんでしょうね。もっとも夜中に図書館に篭らなければならないような事態だけは避けたいです^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 3日 (水)

名刺を作る

 えーっと、人脈作りと自分という人間を知ってもらうため、名詞をつくろうとして印刷屋に行った。同じFIMBAのコースメイトと一緒に、卒業生が現役の時に使っていた名刺を参考にしながら、大学のロゴや肩書き等を注意しながら原稿を提出するとすぐ出来上がると印刷屋さんは言う。

 ちなみ、肩書きは"Football Industries MBA Candidat"となる。下線部を必ず付けなさいというガイダンスでのお達しがあった。というのは、FIMBAの教授陣と間違えられる可能性があるから学生という身分を明示しないとダメですよということかららしい。そういう事件が過去にあったのでしょうな^^;。

 で、私が「名刺に写真は入れられないの?」と聞いたら、印刷屋の人は即座に"No"と堪えた。「日本じゃできるんだけどね」と、少し私は皮肉こめてつぶやいてしまった^^;

 この名刺がすぐ捌けて、写真入りの日本語バージョンが裏に印刷してある新しい名刺を12月辺りの日本帰国時に作らなければならないよう、がんばりたいと思う。

 んでは(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

キャヴァーン・クラブ with Podcast(11)

 久しぶりの音声Podcastです。ちょっと前のマテリアルで、パチパチというノイズが多くてまわりもちょっと騒がしいのですが、その辺はご勘弁をm(__)m。

「20071001OA.mp3」をダウンロード

 ちなみに、このキャヴァーン・クラブはPodcast中でも申し上げた通り、ビートルズが初めて出演したところとして有名なライブハウスです。お楽しみください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »