« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月31日 (火)

EAP初日

 いよいよEAP(English for Academy Program)の初日が始まった。今日のスケジュールは初めのRegistration(登録)、大学構内ツアー、そして銀行口座を開くための説明会と3つだが、午前9時くらいから始まって午後2時30分くらいには終わってしまった。無論コーヒーブレークと昼食が入るので実質の時間はもっと短いけれど^^;

 RegistrationはEAPを担当するEnglish Language Unitの方が来てあれこれと説明をして、これからのカリキュラムを話していく。この方の英語はとてもわかりやすく、さすがきれいなBritish Englishといった感じだった。
 その後、チューターと呼ばれる現在夏休み中の現役リバプール大学生が構内を説明して回る。リバプール大学は結構広く、マジメに一周すると30分から45分くらいはかかる。そして日本の大学とかなり異なっていて外の塀がない。つまり「大学の敷地はここからここまで」という塀がないから、大学といってもオフィス・ビルディングが並んで建っているともいえるのだけれど^^;。
 昼食後、留学生のための銀行口座開設説明会が開かれる。いらっしゃったのはNAT WESTの担当者。この銀行が一番留学生にとっては使いやすいので大学側はここを勧める。そのお勧めに従い、申込書を書いた。

 やはり初日は抑え目の内容だったが、これから先がどーなっていくのか、楽しみでもあり不安でもある。ではでは(^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月30日 (月)

Liverppolから第一声 with Podcast(9)

 リバプールからの第一報はいきなりオヒサのPodcastという禁じ手から^^;

「20070730OA.mp3」をダウンロード

 使用した音楽は、"Apollo Theater/aramitsu"です。

 http://music.mycupoftea.cc/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=19&lid=243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月22日 (日)

いよいよ引越

 みなさま、こんにちは!おりんぴあです。更新が不定期になってすみません。

 本日やっと引越の準備をあらかた終了しました。明日23日(月)に実家の広島へ向かって荷物を送り、27日(金)にドバイ・マンチェスター経由でリバプールに到着予定です。

 東京では本当にみなさまにお世話になりました。ありがとうございました。
 ではさようなら>東京。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月18日 (水)

BBCを見ていて思ったこと

 英語の勉強のためほぼ毎日BBCのニュースを見ているのだが、最近は英国の中部で起きた洪水のネタが多く。この梅雨時の日本と同じで街全体が水没しているという悲惨な画像がよく出てくる。

 で、不思議なのは損害の算定基礎が床上浸水とか床下浸水ではなく、「損害額○×ポンド」と出る点。床下浸水とか床上浸水(つーか日本的な家の構造とは違うから当然といえば当然だけど^^;)と似たような言葉は出てこない。とてもわかりやすいといえばわかりやすい(^_^;)。
 さらに、水が引いた後の後片付けも、日本のような家の主や家族が泥まみれになった家の中を片付けている映像もあるのはあるのだが、またまたここで保険会社への請求がたくさんきていて請求額はトータル○×ポンドになりそうというアナウンスとテロップが出てくる。日本のテレビではあまりこういう伝え方はしないのが普通だが。

 同じ災害を伝えるにも、国によって相当違いがあることを考えさせてくれるBBCのニュースであった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月16日 (月)

コンビニの前で不思議に思ったこと

 今日、深夜コンビニに行ったのだが駐車場のところに無人でエンジンがかかったまま止めてあった軽自動車があった。アイドリングという点からも問題なのだが、もっと不思議なのは、

「なんでエンジンかけたまま、キー付けたまま放置しとくんだろ(・・?」

 ってこと^^;。ここで私が悪心を発して車に乗り込みドアロックかけてそのまま動き出したらそのまま盗まれてしまうのだが(苦笑)。しかもその所有者はコンビニ店内でにこやかに談笑しながら買い物を進めるカップル^^;。多分こそーっと乗り込んで発進しても10秒くらいは気がつかないだろうな(^_^;)

 まじで「この二人の顔をゆがめるようなことしてやろうか(-_-メ)」と思ったおりんぴあでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月15日 (日)

全く進まず(-_-メ)

 アジアカップ、飲み会でご無沙汰のエントリーですが。。。。全く進んでません(-_-メ)>引越の準備。

 23日に実家の広島に荷物を送るのですが、本棚の本とDVDやCD、カセットにビデオと台所用品の一部をかたしたのち、やる気がどーもおこらすそこで止まったまま(苦笑)。あと1週間だというのに推定25個から30個のダンボール箱のうち10個くらいしかできてない^^;。大丈夫なんかしらん(・・?

 ま、電気・ガス・水道・ネットにスカパー関係等がすべて電話連絡済みなのとこれで引越は計6回目なんで余裕こいているってのもあるんですが^^;。その分実家に送る分とリバプールへ持っていかなければならないモノの仕分け&パッキング、不要品の連絡&引き取りはまだなので、予断を許さない状況です。しかし、仕事をしていた時代と違って昼間も時間はありますから、なんとかなると甘い考え。。。。。^^;

 んでは(^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

グッドウィルスタジアム(7・完)

 というわけで全7回に分けてグッドウィルスタジアムに西武対楽天のプロ野球公式戦の試合を見に行った際のレポートを長々と書いてきたわけだが、一番驚いたことは「ファンサービスに必死なんだなぁ」ということ。

 どーも自分のようなサッカーファンの視点からすると「プロ野球なんて殿様商売やってっから人気落ち目なんだろ(ーー;)ケッ」というメディアやネット上の意見を鵜呑みにしていた嫌いがあった。でもこうやってスタジアム行ってみるとぜんぜん違う。「どうやったら客を呼び込めるだろう」「何かうまい手はないか」という工夫が随所に見られる。

 例えば年間シートを購入している人やファンクラブ会員については航空会社が行っているようなマイレッジシステム類似の方法を取っていて、スタジアム観戦に来て登録すればポイントをもらえ、また売店で何か買えばカードにポイントが溜まり、それを何らかの財産的利益に変えていくという方法をとっていた。
 しかもこれは西武のみに限った話ではなく、このあと行った千葉ロッテマリーンズでも同じシステムを採用して、売店で何か買った際にも必ず「カード持ってらっしゃいますか」と聞かれるた。このポイントを逃したくないためにファンクラブに入る人もいるかもしれない。そうすればしめたもの。常連さんになる可能性が高い客を一人つなぎとめたということになる。これはスポーツマネージメントという視点から見ても大きな意味がある。

 ところで、2006ワールドカップで惨敗を喫した後の日本代表のホームの試合、チケットが売れなくなってきている。視聴率もあまり振るわない。JFAの方もさすがに危機感を抱き始め何とかしようという気持ちはある模様。
 でも翻って考えると、サッカーだって、日本代表だって人気に胡坐をかき「殿様商売」をしていたとは言えないか?つまり、いつもスタジアムは満員、チケットはプラチナペーパー化してきたかつての栄光にすがっていたとは言えないか?
 そういう意味では、他のスポーツからいいアイディアがあれば掠め取ってでも客をとるという努力をしない限りは、またあの「日本サッカー冬の時代」に逆戻りしかねない。

 スポーツマネージメントに将来従事しようとしている人間からしてみると、考えさせられるモノが多かったグッドウィルドームでの経験でございました。
 ご相伴いただいたみのむらさま、この場を借りて御礼申し上げます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月10日 (火)

グッドウィルスタジアム(6)

Imgp0159  アジアカップの某青色さんチーム^^;について書こうかと思ったが、それやると絶対あらぬ方向に行きそうなんで(^_^;)やめといて、またグッドウィルドームの前にある笹につるされた短冊の1枚から。

 この日の西武の対戦相手は楽天。そこでビジターチームのファンがお子様ファンが書いて括りつけたのでしょう。平和な日本だからこの短冊が無事に生き延びて私が写真を取ることができたのでしょうが、これがイタリアとかドイツのスタジアムだったら間違いなく引きちぎられているかいたずら書きされているだろうな(苦笑)。

 というわけで、日本のスタジアムは安全だなぁと思った1枚でございました。ずーっとこの穏やかなスポーツ文化が続くことを心から望みます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 8日 (日)

アジアカップ雑感

 といっても見たのはオマーン対オーストラリアだけなんですが^^;

 オーストラリア弱いっすねぇ。。。これで本当に優勝候補って感じ(・・?。まぁ蒸し暑いってのもあるんだろうけど、それを差し置いてもなんだかタラタラしたサッカーだなといった感じでした。攻めに迫力があったのはロスタイムの1点くらいであとはボールをつなげて攻めようって気持ちも感じられずです。これならワールドカップの借りは返せそうだな^^;

 それに引き換えオマーンは前回のワールドカップ予選の時に比べて進化してますねぇ(*_*;。こちらも蒸し暑さでコンディションがよくないのはわかるけど、それにしても組織的なサッカーやろうとしているのはよくわかりました。惜しむらくは2度の決定的なチャンスでオーストラリアに引導を渡せたのに決めきれず、最後は防波堤決壊して1点取られたこと。まぁオマーンにしてみればオーストラリア相手に勝ち点1でも御の字なのかもしれないけど。しかし、中東の新興国は侮れません^^;いや、まじで。

 さて、明日はいよいよ日本代表が登場。心あるこのブログの読者ならば、テロテレ朝の中継は放り投げてBSの山本昌邦さんの「監督としては疑問符だけど参謀としてなら天下一品(笑)」解説に耳を傾けましょう^^;

 んでは(^^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 7日 (土)

グッドウィルスタジアム(5)

 西武ライオンズのチアリーディングを担当している"Blue Winds"

 おさぼりモードの二日間の休みの後、「いきなりチアガールネタかい^^;」と思った読者の方々もいるかもしれないけど、これもスポーツマネジメント的な視点から^^;ホントカヨ.

 普通チアガールと言うと試合中のピッチの中や試合前に盛り上げるためスタジアムの外で踊ったりしている。ところがここのチアガール、試合が終わったあと家路を急ぐ観客の足を少しでも止めて混雑緩和という面も狙って、試合が済んだ後駅に向かう観客が多いスタジアム外のメインステージで一生懸命踊っていた。でももっぱら群がっていたのはカメラ小僧だったけど(笑)。

 世界のサッカーシーンではチアガールというのはあまり普遍的な手段ではなく、ドイツブンデスリーガでもチアガールがいるクラブはたいしてないし(あってもお世辞にもうまいとはいえないことが多い^^;)、個人的には「アメリカンスポーツチックなチアガールなんてサッカーにはいらんわい(-_-メ)」と思っていた私だが、試合終了後にどわっと出る観客の混雑緩和という面があるのならば、こういうやり方もありなんだなぁと少し感心てしまった。
 サッカーではあまりやってないような気がするのだか、どうなんでしょうねぇ(・・?情報お持ちの方、よろしくお願いします。

 では(^.^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 4日 (水)

グッドウィルスタジアム(4)

Imgp0158  またもやグッドウィルドーム前にあった七夕用の「願いをかなえて」笹からの実況中継^^;。こーいう謎な短冊がこの笹にはたくさんぶら下がってまして、ブログ製作者的にはネタが満載で突っ込み所が多く非常にうれしい(笑)

 なんともつつましやかというかほのぼのとしている短冊ですが^^;、これだけスタジアムに来て野球を楽しめ、これだギャグをかませるのだから(ヲイヲイ、もう楽しい老後は約束されているのではないかという気がします^^;。

 んでは(^^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 3日 (火)

グッドウィルスタジアム(3)

Imgp0147_2 Imgp0146_1 Imgp0148_1

 スタジアムにあった「カブレラ地蔵」の写真です。西武の主砲、強烈なパンチ力を持つホームランバッターなので、ピンチを救ってくれるという意味でも神様に近い存在なんでしょうな、西武ファンにとっては!(^^)!。

 もっとも相手チームにとっては憎たらしいことこの上ないだろうな(笑)。

 2枚目の写真のひしゃくでもわかるように、子供たちが水を頭からかけておりました。でも頭のパンチパーマはちょっと怖かったです^^;

 んでは(^^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年7月 2日 (月)

グッドウィルスタジアム(2)

Imgp0151  今日はこのグッドウィルスタジアムの構造についてのお話。

 普通、サッカーであろうと野球であろうとスタジアムと言えば平地に柱を作りスタジアムを建てていく。ところがこのスタジアムはかなり違う。写真からでは少しわかりづらいかもしれないが、多摩丘陵の丘をくりぬいて選手のプレーするグランドが底という構造になっているのだ。わかりやすく言えば「塹壕」の中でプレーしているような雰囲気といえば理解してもらえるかもしれない。
 従って観客の席へのアプローチも階段を上がって客席へというよりも、なだらかなスロープを少し歩いてそこから急に客席に向かって降りていくという感じがもっとも当てはまるだろう。

 このスタジアム、自分がかつてよく通ったミュンヘンのオリンピア・シュタィオンに良く似ている。あのスタジアムもこういう風にミュンヘンオリンピックの公園の丘をくりぬいて作った感じで、サッカーと野球の差はあれど、スタジアム建設について似たような思考をするもんだなと、心の中でにやっとしてしまった^^;。
 もっとも、ミュンヘナー・オリンピア・シュタディオンは、2006ドイツワールドカップの際に建設されたアリアンツ・アレナに、バイエルン・ミュンヘンおよび1860ミュンヘンのホームスタジアムとしての地位を奪われてしまったのではあるが。

 んでは(^^)/~~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年7月 1日 (日)

おことわり

 えー、7月末のリバプールでの英語コースの始まりにあわせて、そろそろ引越しの準備が本格化してまいりました。そのため、こちらのブログの更新が不定期になる可能性があることをご理解ください。事実、今週はPodcast作れませんでしたし^^;

 読者の方々には申し訳ありませんが、ご理解いただければ幸いですm(__)m。
 では失礼します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »