« お米にまつわる話 with Podcast(6) | トップページ | ほぼ1ヶ月 »

2007年6月11日 (月)

セルフレジ

 今回は、リンクを貼らせていただいているイングランド・マンチェスター近郊のサルフォードで留学生活をされているまえまえさんのブログからネタ(^_^)。

テスコの自動支払機(セルフレジ)

 この自動支払機を私もリバプールで発見したのだが、イングランドで初体験してトラブルでも起きたらイヤだなと思ったので、さすがにトライはしなかった。しかし、今回日本でジャスコに入ったらこの自動支払機(セルフレジ)があった。有人レジは列ができていたのに対し、こちらのセルフレジはガラガラなので試しにやってみた。

 まずはかごを所定の位置に置き、自分でバーコードを読み取らせると「ピッ」という音と共に登録されてディスプレーに品物と金額、個数が表示される。あとはこれの繰り返し。センサーはわりと簡単に読み取ってくれるのでラクチンではある。バーコードがないものについては「バナナ」や「トマト」等、該当するボタンを押して個数を入力する模様。
 終了すると今度は支払い。現金・クレジットカードにその他suicaなんてのもあってちょっと笑ったが、現金を入れるとレシートが出てきて一貫の終わりである。
 後ろの方には係員の方が控えていて4台のセルフレジを一人で管轄し、何かトラブルが起きれば駆けつけるシステムになると共に、万引き等の不正をやってないか監視しているようです(^_^)。もっとも最初のカゴを置く場所と登録してチェックアウトを済ませたモノを置くところにはかりが仕込んであるので、その重量の差でも万引きがないか感知でいるシステムらしい。

 急いでいるときにはとても便利です。ちなみにアメリカではとてもポピュラーなやり方だそうです。ではでは(^.^)/~~~

|

« お米にまつわる話 with Podcast(6) | トップページ | ほぼ1ヶ月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おりんぴあさん、
自分の記事を引用して下さってありがとうございます。嬉しいです。

昨日、自分もテスコでリンゴと玉ねぎを購入してみました。
案の定やり方が分からず後ろの店員さんに聞いてみると、
「まず置いてね、そして画面に表示が出たら自分でappleを押して、そしてどの銘柄か押すんだよ」って言われました。
じゃあ高いのを持ってきて、安いのを押す事もできるからマズイんじゃないの?と思いましたが、店員さんはガイド役だけじゃなくて監視してもいたのですね。
しかし昨日は焦って危うく5ポンドを置いて帰るところでした。親切なお客さんが忘れてるのを言ってくれました。

投稿: まえまえ | 2007年6月12日 (火) 22時16分

 まえまえさん、まいどm(__)mトラックバックさせていいただきました。

 ま、イングランドの店員がきっちり監視しているかどうかはわかりませんが(^_^;)、一応はそーいうことしないように見ているんでしょう^^;。それだったら店員が5ポンド置き忘れたこと教えてくれてもよかろうに(^_^;)

 あと、ググってみたら結構このセルフレジは日本でも浸透してきているみたいで、2005年あたりからもう存在していた模様。「イラチ^^;」な日本人の性格からして、一旦広まれば日本でもこれが主流になるのかもしれないなあと漠然と思いました。

投稿: おりんぴあ | 2007年6月12日 (火) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/15401025

この記事へのトラックバック一覧です: セルフレジ:

« お米にまつわる話 with Podcast(6) | トップページ | ほぼ1ヶ月 »