« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

グッドウィルスタジアム(1)

 と名前をつけたのが失敗のような気がするな^^;>西武スタジアム。

 つーわけで本日プロ野球西武対楽天を野球ファンの友人に連れて行ってもらいました。スポーツマネージメントを志す人間にとっては、野球とはいえとても参考になりました。

  Imgp0155_1

 今日はツカミとして、この1枚を^^;。 グッドウィルドームの前の七夕にちなんだ笹の葉にかけてあった短冊の1枚なんですが。。。。。「願いがかないますように」ですね。

 ちなみに、和田選手とはこんな人です^^;

www.geocities.jp/dum2dan/koyuroku/008.html

 本人が見たら「ケンカ売ってんのか^^;?」というよーな短冊ですな(笑)。

 んでは(^.^)/~~~

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月28日 (木)

萌え

 フジテレビ毎週木曜日7時から放映されている「まるまるまるこちゃん」のまる子さん役の子役伊藤綺夏ちゃん、萌え~~~(マジで年甲斐もなく^^;)。

 この伊藤綺夏ちゃんに限らず、最近の子役の人って洗練されていると言おうか演技がうまいと言おうか(^_^)。夕方のテレビニュースで子役のご両親の奮闘振りを描いた特集を見たことがありますが、あそこまで子役で上り詰めるには本人のみならず親御さんのご尽力も大変だったんでしょうなぁ。。。。。

 でも、子役って大成しない場合も多いので^^;、マジでがんばって欲しいっす(^_^)v
 んでは(^.^)/~~~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

700円.................orz(涙)

 引越しに伴い要らなくなった本を処分して段ボール4箱分。その4箱分のハードカバー専門書や新書版、文庫本、コミックスを近くのbook offさんに引き取ってもらったのだが、その金額がこの金額です(苦笑)。

 しかも彼らの値踏みの仕分け具合を見ていると、どうやら評価が高かったのは1巻から10巻まで揃っていた「家栽の人」^^;。予想外でございました(笑)。ほとんどは「価値なし」でございました(~_~)。

 ははは^^;、逝ってきます・・・・・・・・
  (ま、ある程度は予想してたけどさ^^;)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月26日 (火)

Empty spaces

 イングランドで大学のEAP(English Academy Program)が始まる7月30日(月)に向けて引越し作業を2日前から始めた。本棚2個とそれに入っていた本は段ボール箱4箱。あとカセットテープ100本くらいにCDやビデオ・DVD等段ボール箱1箱から2箱といろんなものを箱に詰めていく。

 こうやって部屋の中にポツンと空間が少しづつ空いていく。何もない空間-なんだか妙に悲しいですね、これ。「本当に自分はリバプールに行くんだな」という実感がこみ上げてきました。

 後戻りは許されないと思うと、身が引き締まる重い思いを改めて感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

フロドナの街角から

Imgp0089  今日はあっさりめに。昨日のPodcastがちょっと凝った感じだったので^^;

 この写真はベラルーシのフロドナを訪れた際に取ったモノ。街の中心部にある店舗の建物の壁面に描かれたモノでデザインが独創的といおうかなんと言おうか^^;

 あと、このフロドナの街は落書きがほとんどなかったことにちょっとびっくり。やはり田舎の地方都市は平和なんですかね^^;

 んでは(^.^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

本棚の片付 with Podcast(8)

  週末定例のPodcast配信です。いよいよ引越し作業が本格化してきたということで、このネタ^^;

「20070624OA.mp3」をダウンロード

 使用した音楽は、"Apollo Theater/aramitsu"です。

 http://music.mycupoftea.cc/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=19&lid=243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

海浜幕張は今日も雨だった

Imgp0135

Imgp0136_1

 「なんだそりゃ(・・?」というつぶやきがディスプレーの前から聞こえてきそうですが^^;

 えー、本日千葉マリンスタジアムにてロッテ千葉マリーンズ対横浜ベイスターズのタダ券が手に入るということで、最寄り駅の京葉線海浜幕張駅にて友人と待ち合わせたのですが、駅に着いたら「今日の試合は中止です」との残念なお知らせが駅の出口に(ーー;)。こればっかりはどーしようもありません(苦笑)。お天道様には人間様はかなわない^^;

 このタダ券、この待ち合わせた友人が千葉マリンスタジアムの年間シートを持っていて、球団が前の雨天中止の際の振替券をくれるそうで、それを私に譲ってくださったが、日ごろの行いが悪い私がついていったのであろう^^;、天は我らを見放したのである^^;(うんなたいそーな)。
 友人は千葉マリンで生観戦しなれている人間なので、「これくらいの雨ならやるよ。セパ交流戦なんで、日程も詰まってくるし球団側も早く片付けたいだろうから」との話だった。しかし、この友人が言うには、「雨よりも風の問題かもしれないなぁ」と。つまり、千葉マリンは風の影響を受けやすく、普通のスタジアムのようにはいかないんだそうな。

 とまぁ、ちょっと残念な一日でした。ま、こんなこともあるさ(^_^;)

P.S.肝心の写真のキャプションが抜けてしまった(^^ゞ。1枚目は駅前にあるコインロッカーがマリーンズ仕様になっております(^_^;)。2枚目は海浜幕張駅通路の選手の顔写真一覧。いかにも千葉ロッテのお膝元って感じがしてよろしひ(^_^)v

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

トロリーバス

 Imgp0233_1

 久しぶりのベラルーシネタ。今日はトロリーバスについて。

 日本や欧米ではほとんどみかけませんが、旧ソ連圏の国に行くと必ずあるこのトロリーバス。なんのことはない道路上に張ってある架線から電気の供給を受けて走るバスです。市電のバス版みたいなもんです、平たく言えば^^;。
 乗り心地はディーゼルエンジンがないので音は静かで電気モーターの音のみです。ただ、スピードはそんなに速くなく加速もお世辞には鋭いとは言えない^^;。

 最初に自分が行った旧ソ連圏のウズベキスタン・タシケントでこのトロリーバスを見かけて、もの珍しさにエスコートしていてくれた現地の友人に「乗ってみたい!(^^)!」と言ったら、その友人は冷たい目つきで「はぁ~(ーー;)?あんなもの乗るの?」ってな感じでシブシブ一緒に乗ってくれましたが、その遅さに友人の私を蔑む^^;ような視線の意味が体感できました(笑)。
 そしてベラルーシ。他の旧ソ連圏諸国同様、トロリーバスはありました。でもウズベキスタンに比べて割ときびきび走っている感じが。車体は見た目綺麗ですが中は相当オンボロ^^;。

 でもこのトロリーバス、走行中二酸化炭素を吐き出さないということでエコフレンドリーな輸送機関ということで、最近先進国からも脚光を浴びて整備する計画もあるそうで(^^)。

 んでは(^^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月20日 (水)

きょーれつ・・・・・^^;

 まずは、このイラストをご覧あれ^^;絶対忘れないぐらいキョーレツ^^;

カマタマーレ讃岐マスコットキャラクター「カマちゃん」と「タマちゃん」

 このサッカークラブ、Jリーグの下のJFLの下、地域リーグの「四国リーグ」に所属しています。将来的にはJを目指しているのですが、Jのいかにも「強そう」「かっちょえー」ってイメージのキャラクターとは正反対を行く「和み系」といおうか「癒し系」と言おうか^^;
 つかよく考えるとカマタマーレってネーミングあたりからもう脱力してしまいそうなんですが。と共にこのキャラクターイラスト作ったいしかわじゅん先生にも脱帽モノであります\(^o^)/

 いいわぁ。。。。。(^_^)このなんともいえないアンニュイなサッカークラブ(笑)。
 ぜひともキャラクターグッズ出た際には買いたいですね^^; 

 んでは(^.^)/~~~
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

カメラだらけ

 今日、渋谷で女性専用スパが大爆発した事故があったのはみなさんご存知かと思うが、もっとびっくりしたのは事故から3分後のデジカメの写真、直後の携帯で撮った動画、そして事故の瞬間の近くのコンビニでの防犯カメラの動画がすぐ夜のニュースで素材として出てきたこと。
 前二者は視聴者の撮ったモノだと思うのですが、小さなデジカメや動画も撮ることができるカメラつき携帯がどこにでもあることから本当にいろんなアクシデントのライブな高精度の映像が入るようになりましたね。。。。^^;イヤハヤ。と共に防犯カメラがこの事故の瞬間の大きな爆発音、そしてうろたえる店員やお客の動きや表情をいろんな角度から捕らえていたこと。
 「動」の個人が持つカメラと「静」の多数の固定式防犯カメラ。当たり前に画像が入る時代がいいのか悪いのか^^;。悩むおりんぴあでした。

 とそんなことを言っていたら、今度は英語の勉強のために見ていたCNNでアメリカの車のエキシビジョンで観客席に車が突っ込む携帯で録画された動画が。日本だけではなかったのか(苦笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

頭皮のデキモノ

  約2週間前、髪の毛をいつものように短く切ってツンツンにしたのはいいが、これがきっかけになったのか、その後頭皮に常時1箇所から2箇所くらいデキモノができるようになってしまった(-_-;)。その切る前の髪が長かったときはなかったのだが、以前は長髪の際にもこのデキモノが湧いてきたこともあって、髪の長さには関係ないのかもしれない。またいやなものが再発してしまった。。。。。(:_;)。

 もともと私は皮膚が弱い方で、手に主婦湿疹が出たり冬になると背中やわき腹が痒くなったりするのだが、これが頭皮に出るとデキモノになってしまうのではないかと自己分析。知らずに頭のこの部分を掻くとこれがまた痛い。。。。。(ーー;)。つぶそうとすると血が出たりして「うわ」となって弄るのをやめるのだが^^;。そうしてしばらくすると瘡蓋ができるのだが、この瘡蓋が取れたときは結構快感ではある(笑)。

 まるで子供みたいだな(^_^)>ワシ。ではでは(^.^)/~~~

 こんなクソ記事で読者少なくなったらどーしょ・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

高い・・・・・・まとめ with Podcat(7)

 1日お休み^^;のあとの、週末恒例のPodcast配信です。「高い・・・・・・」シリーズのまとめをお聞きくださいm(__)m。

「20070617OA.mp3」をダウンロード

 使用した音楽は、"Apollo Theater/aramitsu"です。

 http://music.mycupoftea.cc/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=19&lid=243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

お茶どーぞ( ´・ω・`)_且~~ イカガ?

 あまりに「イングランド物価高い。。。。(-_-;)」のアジ演説みたいになっているので、気分を変えてちょっとマッタリ^^;。私が日ごろ「お茶どーぞ( ´・ω・`)_且~~ イカガ?」モードの時に聴いているネットラジオと言おうかPodcastについて紹介してみまふ^^;

magnatune.com

 ここんとこ常時流しているといえば、このサイトである。ストリーミングのみで、面倒くさいI登録もなく、邪魔にならない落ち着く音楽を流してくれていて、バロック音楽好きの私にとってはありがたいサイトである。クラッシックのみならずロックやジャス等もあるので(あまりメジャーなのははいけど^^;)、そういう方面が好きな人はこのサイト内にもありますので、お試しあれ。
 もう一つ、私にとってこのサイトがうれしいのは、Podcast用の音楽を無料で提供してくれること。曲名等のクレジットを使用した際にHPか音声に入れればOKなので、とても楽である。今度自分のPodcast用の音楽を変える際には、ここのサイトの音楽は第一候補だ(^_^)v。

OTTAVA

 日ごろお騒がせなTBSであるが(笑)、このサイトはよくやっているなぁと賞賛したくなるようなサイト。クラッシックがメインなので毛嫌いする人もあるかと思うが、午後のコーヒータイムにはもってこいの落ち着いた曲が流れている。ストリーミングをメインとするが、半分くらいの番組はPodcastも可能なので、これを自分はMp3プレーヤーに入れて散歩するのが日常の習慣になっている。
 残念なのは英語のアナウンスがちょっと鼻につくのと^^;、名曲主義に走りすぎかなという気がしないでもないこと。メロディをどっかで聴いたことがあるなあlという曲が多い。

 と、独断と偏見に基づいた「お茶どーぞ」モードの時に聴いているモノの紹介でした!(^^)!。無論、私はこれらのサイト運営者から一切広告料を貰っていない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月14日 (木)

高い・・・・・・その2

Imgp0134  今回のネタはバスの公共交通機関の切符から。

 例外はあるにしても、ドイツの近距離公共交通機関の場合、切符を車内の自販機・バスの運転手やキオスクで買うと(刻印が必要な場合あり)、2時間とか3時間、市内のバス・地下鉄・市電・近郊電車に逆行しない限りいずれも有効というのが普通である。日本のようにバスに乗って払い、またJRに乗って払うという乗るたびに個別の支払いということはない(最近は首都圏だとsuicaやpasmoがあるので楽にはなったけど^^;)。
 というのは、バス・地下鉄・市電・近郊電車を運営する会社が「○×公共輸送連合体」といったように同じ法人組織で運営されているから。この右下の切符もRMVと券面の左上に書いてあるが、これは「ライン・マイン公共輸送連合体」という意味である。これはバード・ホンブルグという街からバスを乗り継いでフランクフルト空港まで約1時間くらいかかる郊外なのだが、これで3.55ユーロ(590円)。もちろん、バスと近郊電車すべて込みである。他の欧州大陸諸国もこういうケースは普通である。イタリアのミラノなどもこういうやり方だった。

 で、このノリでイングランドも大丈夫だろうと思っていたら、勝手が違っていた(笑)。リバプール滞在中、プレミアリーグ、エバートン対チャールトンの試合を見に行ったというエントリーを以前書いたが、その際バスに乗る際に買ったのが左下の切符。つまり郊外の寮から30分くらいかけて市の中心部へ行く際に"ARRIVA"と書かれている"DAY TICKET"(1日券)と書かれているものを買った。というのはドイツと同じで「1日券買えば寮から市の中心部まででなく、そこから別方向に行くスタジアム行きのバスでも使えるだろう。それで往復なら元はとれるな」という読みがあったからだ。
 ところが、その読みは見事にはずれた^^;。この切符を運転手に見せて乗ると「ダメ、それじゃ乗れないよ」と言われ、仕方なく買ったのがこの上の切符。"Stagecoach"と会社名が書いてあるが、先ほどの"ARRIVA"とは運営会社が異なり、日本同様に買いなおさなければならない。ドイツのような運賃面でのネットワークにはなっていないのだ。

 結局.1日券の2.80ポンドに市の中心部からスタジアムへ行くためのバス代が2.80ポンド(往復)。計5.60ポンド(約1350円)。寮からスタジアムまでバスで45分から1時間くらいの距離で片道でも約700円近い。「ドイツだったら共通チケットだからもう少し安くなるのになぁ(~_~)」と思った私でございました(笑)。やはり高いっすよねぇ。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月13日 (水)

高い・・・・・・その1

Imgp0043_1 Imgp0044_1

 今日はイングランドの物価の高さについてのお話。

 写真はリバプールで買ったヨークーシャー産塩漬けハム。170グラムで1.62ポンドする。6月13日付け東京外国為替市場の対英ポンド円相場は1ポンド240円だから1.62ポンドだと約388円.だが、みなさんは高いと感じるか安いと感じるか?まぁこの程度だと日本と同じかちょっと高いかなと感じるくらいだが。。。。
 しかし、マクドナルドで食べた普通のハンバーガーセットが4ポンド20ペンス。約1000円くらいである。いまどき日本でハンバーガーセットを食べても1000円するところはまずありえない。そんなに高いならば誰も行かないだろう。でもイングランドではマクドナルドはお客で混雑していた。日本と変わらない光景である。

 確かに外国為替相場だと1ポンドは240円であり、1ユーロは160円前後、1ドルは120円前後かもしれない。しかし、現地で生活している物価感覚という点から見てみると、どーも1ポンド=1ユーロ=1ドル=100円といった感じがしてしょうがない。だからこの感覚で先ほど書いたマックのセットは420円となるが、こう考えるとそれなりに日本の物価感覚にはあう。ポンド建てで給料貰っているイングランドの方ならばあまり堪えないのかもしれないが、円安で次第に円のパワーが落ちていきつつある国・日本から来た私のような人間にとってはえらい堪える(^_^;)

 でも一番ショックだったのは、リバプールで食べたゲバブのセットが5ポンド(約1250円)もしたことだった。ドイツで食べるそこそこ美味しく、野菜の多いゲバブに慣れている私にとって、このゲバブはワーストに入るくらいひどいゲバブで、マジに猫の肉(^_^;)でも使っているのかと思えるくらいまずかった。それでいて野菜はレタスと玉ねぎのみ(-_-;)。
 案の定、周りを見渡すとお客は私だけ。客が入らない理由を理解するのが遅すぎたおりんぴあでした(苦笑)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

ほぼ1ヶ月

 今日でこのブログを始めてから約1ヶ月が経ちます。エントリー数を数えてみるとこのUPで31個目。よく書いたものです^^;。中身は全く統一性がなく(笑)、本人の性格がよーく現れているブログと言い得るかもしれません^^;おいおい

 んで、今までの各エントリーを読み返して精査し、読者の便宜を考えて読みやすいようにカテゴリー付けをしてみました。複数カテゴリーになっているエントリーもありますが、参考になれば幸いです。

 これから7月末に向けて少しづつ家の片付けとか各種の事務作業等、リバプールへ向けての準備が本格化していくと思います。多少サボリ気味になるかもしれませんが^^;、これからもよろしくお付き合いくださいm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

セルフレジ

 今回は、リンクを貼らせていただいているイングランド・マンチェスター近郊のサルフォードで留学生活をされているまえまえさんのブログからネタ(^_^)。

テスコの自動支払機(セルフレジ)

 この自動支払機を私もリバプールで発見したのだが、イングランドで初体験してトラブルでも起きたらイヤだなと思ったので、さすがにトライはしなかった。しかし、今回日本でジャスコに入ったらこの自動支払機(セルフレジ)があった。有人レジは列ができていたのに対し、こちらのセルフレジはガラガラなので試しにやってみた。

 まずはかごを所定の位置に置き、自分でバーコードを読み取らせると「ピッ」という音と共に登録されてディスプレーに品物と金額、個数が表示される。あとはこれの繰り返し。センサーはわりと簡単に読み取ってくれるのでラクチンではある。バーコードがないものについては「バナナ」や「トマト」等、該当するボタンを押して個数を入力する模様。
 終了すると今度は支払い。現金・クレジットカードにその他suicaなんてのもあってちょっと笑ったが、現金を入れるとレシートが出てきて一貫の終わりである。
 後ろの方には係員の方が控えていて4台のセルフレジを一人で管轄し、何かトラブルが起きれば駆けつけるシステムになると共に、万引き等の不正をやってないか監視しているようです(^_^)。もっとも最初のカゴを置く場所と登録してチェックアウトを済ませたモノを置くところにはかりが仕込んであるので、その重量の差でも万引きがないか感知でいるシステムらしい。

 急いでいるときにはとても便利です。ちなみにアメリカではとてもポピュラーなやり方だそうです。ではでは(^.^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

お米にまつわる話 with Podcast(6)

Imgp0033  

 さて、週末恒例のPodcast配信です。今回はリバプールにおけるお米にまつわる話をお聞きください。

「20070609OA.mp3」をダウンロード

 使用した音楽は、"Apollo Theater/aramitsu"です。

 http://music.mycupoftea.cc/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=19&lid=243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

欧州選手権予選雑感

 今週の水曜日に2008欧州選手権予選の試合、リトアニア対イタリア、エストニア対イングランドをTV観戦した。いずれも前評判通りイタリアが0-2、イングランドが0-3で勝った。

 まずはイタリア。チャンピオンズリーグ決勝の好調をひきずってか妙にピッポ・インザーギがいい調子。ジェラルディーノが怪我、トッティもいない状況でよくがんばってました。あとは2得点のクアリアエッラ。得点となったミッドレンジのシュート2本とも美しい弾道でございました(^_^)v。日本の中盤もこれくらいバイタルエリアからミドルシュート決まれば苦戦しないだろうなぁと思った。特にスコットランドにいる某選手にお願いしたい(笑)。フリーキックやパスがうまいのはわかったからさ^^;
 あとはドナドーニ監督が自分と同い年ということと、デルピエーロがもう30歳超えていることにちょっとびっくり(^_^;)。

 で、イングランドなんですが、この試合ベッカム・オン・パレード(^_^;)
 ワールドカップ後の欧州選手権予選は、ベッカムに依存しないチーム作りをマクラーレン監督は所望していたのだろうけど、どーもうまくいかない。その最たるものがGKロビンソンのバックパス空振りという大失態を犯したアウェイのクロアチア戦で、見ていた私なんかは「マジで大丈夫か(・・?」と思ったが、この試合でやっぱりまだイングランドはベッカムにおんぶに抱っこなんだなぁと再確認。右からあがるクロスが正確だから、ここが攻撃の起点になってボールが集まる集まる。その分、中盤が機能しはじめてスムースに回る。その証拠として、いずれも得点機はベッカムの右足から。
 でも穿った見方すれば、「じゃ、ベッカムがいなくなったらどーずんだろ(?_?)」である。仮に来年の欧州選手権はまだ大丈夫かもしれないが、2010年ワールドカップのことを考えると、ベッカムの次を考えないとまずいのでは。。。。マクラーレン監督は「いやー、それやろうと思ったんだけど、結果出ないからまた戻しました(^^ゞ」っていうんだろうな(笑)。代表チームにおける世代交代ってどこでも難しいもんですねぇ。。。。。(-_-;)はぁ。。。。。

 と、チラシの裏的な駄文書きまくっても読んでいる方にはつらいと思うので(笑)、この辺にて(^.^)/~~~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

リバプールという街

Imgp0025  今日は準備旅行で気がついたリバプールの街の特徴についてちょっと書いてみようと思う。

 写真は、アルバートドックにいたカモメ。駅と町の中心部が少し離れていることはヨーロッパの街では珍しくないのだが、ここリバプールはターミナル駅にあたるライムストリート駅とショッピングセンターなどがある中心部が比較的近く、またそこから歩いてかなり近い場所にこの水辺がある。自分の故郷である広島県の呉市もこういう港町といえば港町(旧軍港)だが、市の中心部から海岸まで行くには多少距離がある。

 もう一つは自分の故郷とも同じなのだが、リバプールはアップダウンのある街だということ。たとえば、リバプール大学は駅から歩いて10分~15分くらいのところにあるのだが、結構これが坂になっていてその頂点に大学の建物があるという感じになっている。また以前にも紹介した郊外の大学の寮の近くの地名や駅も「○×丘」となっていていた。散歩をするには少し骨の折れる街かもしれない(^_^;)。

 Imgp0036

これは街の中心部に設置されていた移動式遊園地。ヨーロッパらしい光景である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

で、今日は五輪予選な訳だが・・・・

 大丈夫なんすかね(^_^;)?>U-22。
 控え組中心とはいえ、マレーシアをチンチンに叩くのかなぁと思ったら「チン」くらいで逆にお返しもらったくらいだし(~_~;)。

 ともかくミスが多いです。マイボールをもっと大切にしようよ>五輪代表。安易にボール失いすぎ(-_-;)。マレーシア相手だったからこれで済んだものの、これがイランとかだとえらい目にあいますよ。。。。マジで。
 個人的には長友がよかったですね。Jの選手が多い中で大学生なのによくやったと思います。それに引き換え萬代は。。。。。(ーー;)。あれだけ決定機あったのに外しすぎです。

 反町監督の試合後のインタビューの表情に、「あまり収穫はなかった」と書いてあったのが印象的でした(笑) 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

民放のサッカー中継技術・カメラワーク編

 U-22とどっこいくらい^^;チケットが売れ残ったイマイチ不人気な(^_^;)日本代表だが、6月5日(火)ご存知の通り対コロンビア戦がテレビ朝日で放映された。
 「え、またあの角澤のクソ実況に突っ込むの(・・?」との声も聞こえてきそうだが、それは他のサッカー系ブログで突っ込みがいっぱい入って炎上するだろうから(笑)、それは置いといて、カメラワークの件について一言。

 普通、欧州や南米のサッカー中継ならば、オフサイドの判定については最終ディフェンスラインの位置と平行にカメラが追っていて、攻撃側のボールが出た瞬間にオフサイドになったかどうか、副審の視点から一目瞭然でスローモーションで再現されてわかりやすい。
 ところがこのテレビ朝日の中継はそれがない。すなわち、その最終ディフェンスラインの位置と平行にカメラが追いついておらず、かなり斜めの位置から見ていてオフサイドかどうかわからない。あれではスーパースローを入れてもその前提条件を欠いていて全く意味がない(その割には意味ないところで使いたがる(ーー;)>スイッチャー)。

 また、コロンビア陣内で羽生が倒されてPKかという場面があったが、これについてもホームの日本のテレビ局とは思えない^^;スロー再生1回限りで、しつこく再生しない。これが日ごろ私の見慣れているドイツ・ブンデスリーガの中継ならば倒れたシーンを何度もスローで流して、その後主審の顔をUPで抜く。まるでスイッチャーというかプロデューサーの「今のはファウルでPKじゃないんかぃ(-_-;)?」とのメッセージが十分伝わってくるのだ。

 その割には、今回はボールが動いているのに特定の選手のUPを撮ったりとか、逆にインジャリータイムの表示を写さなかったりとか、不必要な情報を流して必要な情報を視聴者に与えてくれない点が気になった。

 本当はこういうところ改善しないと発展はないんだけどね(ToT)>民放のサッカー中継技術。やっぱりいい中継を見たいならばお金払ってスカパー見るしかないんですかね(:_;)?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

歩く

 日常生活の中でずーっとパソコンの前にも座っているのもよくないので、健康のためにウォーキングというか散歩を始めたのは以前ブログの中でご紹介したのだが、最近はなんだかすげーことになっている(笑)。

 それは1日1時間から1時間半くらい4キロから5キロくらいを休みも取らずに歩くのが完全に苦痛でなくなってきて、体が完全に慣れてしまっているのだ^^;。ルートマップで調べてみるとどうやら5キロから6キロくらい歩いていて、家についてもまだ少し余力があるかなといった感じ。買い物も兼ねて歩いているので、以前は寄ることもなかったスーパーがなじみの店になってしまった。
 ま、これもウォーキングコースが緑多くて川の流れも美しいというのもあるのだが、それだけ緑に覆われているだけあってコースが少し涼しいくらいの気温もあるのだろう。暑がりの私にとってはとてもありがたい。お気に入りの音楽やPodcastのトークを聴きながら歩くのは本当に気持ちがいいことだということを体が覚えてしまったようだ。

 そのうち、リバプールまで歩いて行こう。。。。。かな?(爆笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

大学の寮に泊まる(4・完) with Podcast(5)

 このシリーズの完結編、週末のPodcast配信です。お聞きください。

「20070603OA.mp3」をダウンロード

 使用した音楽は、"Apollo Theater/aramitsu"です。

 http://music.mycupoftea.cc/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=19&lid=243

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

大学の寮に泊まる(3)

 自分の泊まった大学の寮の周りの雰囲気はこんな感じ。 

Imgp0034  Imgp0038_1 Imgp0039

Imgp0040 Imgp0041

 寮の前の道路はそこそこ交通量があって、寮の建物の裏はごらんの通り広い庭。小学校の校庭くらいはあるだろうか。自然が豊かで天然の芝生がとても綺麗。日本だと間違いなく雑草ぼうぼうになるだろうな(笑)。
 2段目の2枚目の写真でもわかるとおりリスが出てきたりして木の実を食べていた。天気のいい日はこの芝生に寝っころがっているのもなかなか気持ちいい。

 着いたその日は夕方だったので、あまり周りを探索することなく自分の部屋に向かった。そうしたら別棟になるのだが、何やら小学生くらいのサッカークラブが合宿所としてイースター休みで空いている大学寮を使っているよとtutorさんのすまなさそうな顔^^;。
 これがやたらうるさい。夜遅くまでこの芝生の上でサッカーをしたりしていた。監督は何も言わないのかなと不思議に思う。彼らは朝ごはんをこの寮に隣接する食堂で食べたらバスに揺られてどこかで練習とか試合を日中やっているらしい。
 そしたら、2日ぐらいだっていきなりバスを連ねて寮を去っていった。それからはあまり人もいなく、その食堂というかホールで夜間ドレスアップした男女の大学のコンファレンスパーティなどが開かれていたが、静かなものである。

 ただしこの寮の周りには何も商店やレストランがないので、徒歩で5分から10分くらいのところに夜11時までやっているスーパーがあるところまで買出しに行かなければならなかった。これがちょっと難点。そこからさらに10分もあるくと24時間営業の超大型スーパーもあるのだが、最初のスーパーで用は足りていたので、後者の24時間営業超大型スーパーには滞在中あまりいかなかったけれど。
 ここで、お惣菜とかパン・ハムや飲み物を買ってきて、寮の各フロアにある共用のキッチンに貯蔵し、電子レンジを使って朝食や夕食を済ましていた。洗濯も洗濯機は各フロアにはないものの共用の洗濯スペースがあるので、そこで手洗いをして脇にすぐある物干しを使っていた。湿度は低いので、すぐ乾くのは有難かった。 

(このシリーズ続く)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »