« コインのない国 with Podcast(4) | トップページ | AFC Champions League »

2007年5月27日 (日)

黄色い潜水艦

 本日は黄色い船「兼」車のお話!(^^)!。

Imgp0026_2  

この写真だけだと、単なる黄色いバスで、「ちょっとくたびれているから観光用として乗るにはきついなぁ」という感想を持たれる方も多いかもしれない。

Imgp0027_1 Imgp0031_1

 しかし、この2枚の画像を見ると、これが単なるくたびれた黄色いバスではないことがわかる。浮き輪の下にスクリューがあり、エンジンのついたボートとして水面を航行できる水陸両用の特殊車両なのだ(^_^)v。

  リバプールはマージー川の河口にある港町で、わかりやすくいえば日本の横浜に似ていて、昔は造船業で栄えた。しかし、現在は使っていない造船用のドッグ等があり、市当局がビートルズの発祥地や強豪リバプールFC同様に、この使われていないアルバートドックなどのウォーターフロントを、横浜の「みなとみらい21」と同じように観光客をひっぱる目玉としてあげているのだが、「陸も海も観光を」ということで、イギリス軍が使用していた水陸両用の軍用特殊車両で退役したものを観光用に改造したといういきさつがあります。それがこの車両というわけです。
 似たようなものはロンドンでもあるらしい。で、ロンドンの場合はテムズ川に入っていくという報道をBBCのニュースで見かけたのだけは覚えています。

 ご存知の通り、ビートルズの有名な曲「イエロー・サブマリン」にかけて、"Yellow Duck"(黄色いアヒル)と1枚目の写真の横に書いてあります。人気は上上でかなりの人が乗ってました。でも乗船料金がえらく高かったので、私は乗りませんでした(笑)。

 んでは(^^)/~~~

|

« コインのない国 with Podcast(4) | トップページ | AFC Champions League »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/15222504

この記事へのトラックバック一覧です: 黄色い潜水艦:

« コインのない国 with Podcast(4) | トップページ | AFC Champions League »