« ジェジュールナヤ with Podcast(3) | トップページ | 留学ビザを取る »

2007年5月21日 (月)

リバプールのネット事情

 すみません、ちょっとサボってました(^^ゞ さて、今日はリバプールのネット事情などを。。。。。。

Imgp0019

 写真は私が4月中旬、準備旅行で泊まったリバプール大学、マクネア・ホールという寮の机の上を写したものです。大学内にはこうやってブロードバンドのネット回線が引かれいて、大学の中にもコンピューターセンターがあって学生が自由に使うことができるようです。自分は今回ここに入ってみませんでしたが、相当数のパソコンがありましたし、このマクネア・ホールにも1FにPC roomがあって、20台くらいのデスクトップパソコンが置いてありました。ただ、学生さんがイースターのお休みで帰省されていた関係で、鍵がかかって入れなかった............(ToT)。

 このジャックに関して、今回の旅で自分がノートパソコンを持って行かなかったので、どの程度速いのかは体感できませんでしたが、一説によると光ファイバーはイングランドで望むべくもないよという悪い噂を聞いたので、日本で光ファイバーの常時40~50Mbpsくらいという恵まれた環境に慣れている私が行ったらどーなるかかなり怖いです(笑)。あまりの遅さにディスプレイ叩き壊したりしたらいやだな^^;。

 「じゃぁネットカフェはどうなのよ(・・?」というと、これがあまりない。街歩きをしていて、意識的に注意していたのですが、見つかったのはわずかに1軒。それもショッピングセンターのど真ん中で、ちょっと回りの環境が買い物客が行ったり来たりしてワサワサしている上に、機器不良で使えないモノの3割くらいあって、さらに1時間が2ポンド20ペンス(約500円)という高さ(-_-;)。言っておきますが、日本のネットカフェみたいに個室とか仕切りとか一切ないですし、ましてやフリードリンクってのは問題外の外です(苦笑)。自分でその辺のカフェから買ってこなければなりません(ーー;)。これがまたバカ高い。。。。。。

 これがドイツあたりだと、フランクフルト近郊の小さな街でもそこそこレベルのネットカフェがあって移民の人たちのために国際電話ブースが併設されていて安い国際電話がかけられたりするのですが、イングランドではこういうお店をあまり見つけることができませんでした。自分の探し方が悪いのかもしれませんが、こういう店がリバプールでもたくさんあったらいいのになぁと感じました。

 ちなみに、現役FIMBA学生さんがブログ等で論及されている通り、アサインメントの提出もネットでということですから、イヤでも使いやすいネット環境を構築してうまく付き合っていかなければならないんでしょうなぁ^^;。

 ではでは(^.^)/~~~

|

« ジェジュールナヤ with Podcast(3) | トップページ | 留学ビザを取る »

旅行・異文化比較」カテゴリの記事

留学準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/212554/15159091

この記事へのトラックバック一覧です: リバプールのネット事情:

« ジェジュールナヤ with Podcast(3) | トップページ | 留学ビザを取る »